日本アルプス登山ルートガイド-核心部のルート案内
Home北アルプス南アルプス中央アルプス八ヶ岳富士山百名山登山ガイド山小屋アルバイト

日本アルプス登山ルートガイド > 北アルプス > 唐松岳 > GW・・残雪期の唐松岳

北アルプス山小屋情報アクセス・交通機関高山植物きのこ温泉情報
ルート

白馬岳

唐松岳

五竜岳

鹿島槍ヶ岳

爺ヶ岳

針ノ木岳

烏帽子岳

栂池自然園

剱岳

立山

薬師岳

黒部五郎岳

上高地

槍ヶ岳

南岳

穂高岳

霞沢岳

焼岳

笠ヶ岳

燕岳

蝶ヶ岳

常念岳

乗鞍岳

御嶽山



GW・残雪期の唐松岳

GW・残雪期の唐松岳ルート概要

登山ツアー情報

唐松岳登山ツアー

関東・東海・関西・発
唐松岳登山ツアー

登山コース案内

GW・・残雪期終わりの5月6日の唐松岳への山旅です。前日は山頂部で雪が降りました。GW・・残雪期期間中は、麓では春の日差しがさんさんと降り注ぎ、半袖でも過ごせるほど気温が上がりますが、低気圧が通過すると、山頂部では氷点下になり雪になることもあります。早朝は残雪の表面がアイスバーンになり、滑落の危険がありますから天候を見極めながら十分な装備で臨むことが必要です。基本的に12本歯のアイゼンとピッケルは必携です。

八方尾根スキー場のゴンドラの運行時間は、積雪状況や日により多少の変更が起こります。この日は7時30分が始発でした。

八方尾根ゴンドラリフト「アダム」を降りたウサギ平ゲレンデより上部が滑走可能になっていました。アルペンクワッドリフトからグラートクワッドリフトを乗り継ぎ、八方池山荘の前庭に降り立ちます。
八方池山荘は営業中で、その横にある公衆トイレも使用可能です。

八方池山荘から八方山へ向けよく整理された木道を登ります。八方池の先、下ノ樺までは残雪はなく、夏道と同じように登ります。

下ノ樺で12本歯のアイゼンを装着し、急斜面を登って行きます。その後、いくつかの小ピークを超え、八方尾根の稜線を直登していきます。唐松岳頂上山荘直下で痩せ尾根を通過すれば、目前にピラミダルな唐松岳が迫ってきます。右手には雪と岩のミックスした急峻な不帰ノ瞼や天狗ノ大下りの岩峰が美しい姿を見せています。

山頂からは大パノラマの広がり、黒部渓谷を挟んで立山や雪の殿堂・剱岳五竜岳の先には鹿島槍ヶ岳、更にその先に槍ヶ岳の姿をとらえることが出来ます。白馬の街並みの向こうには雨飾山火打山妙高山高妻山がよく見えます。目を凝らすと、薄らと富士山も見えていました。


画像一覧

5月5日時点でゴンドラリフト「アダム」を降りたウサギ平から上部がスキー滑走可能です。GW・・残雪期を過ぎてからのゴンドラの運行状況は積雪などにより毎年異なりますので、八方尾根スキー場への確認が必要です。

八方尾根スキー場の最上部グラートクワッドリフトを降りたところの八方池山荘は営業中です。左手の売店は営業していません。その上の公衆トイレは冬季でも使用可能です。

八方池山荘から八方山へ向けて稜線を登っていきます。途中、観光客のために作られた立派な木製の階段があります。八方山(正面の丸いピーク)のケルンは、東京都石神井高校山岳部が創立10周年記念として昭和38年8月に石神井ケルンとして建てたものです。

白馬岳の右肩部分に「しろかき馬」の形をした雪形が鮮明に表れています。古くから農民の素朴な信仰と結びついて、田植えの時期を知らせたと言われている雪形です。白馬岳の名前は、この雪形の代馬(しろうま)から転じたものとされています。従って、白馬岳は「しろうまだけ」と発音するのが正解です。

石神井ケルンの建つ八方山。ケルンの所まで行くと目指す雪をまとった唐松岳や不帰の剣が鋭く聳えています。ここまではほとんど雪が付いていません。

八方山から望む五竜岳と鹿島槍ヶ岳。中央のピークが五竜岳で、そこから左手に伸びる遠見尾根の稜線の上に僅かに頭を覗かせるのが双耳峰の鹿島槍ヶ岳です。

雪解けが進む八方尾根。雪が溶けて川の様になった登山道は、前日の寒さで凍っています。前日の5月5日の天候は、麓では雨でしたが山頂では雪が降りました。正面第二ケルン近くの公衆トイレは、冬期間(10月下旬から6月下旬まで)は閉鎖されています。

第二ケルンが右手側に小さく見えます。その奥の尖った山は不帰ノ嶮(かえらずのけん)です。第2ケルンを通る夏道とは違い冬道では雪原を真直ぐに八方ケルンへ登ります。

八方ケルン(逗子開成高校ケルン)。目と鼻と口があり、まるでヤホーと叫んでるようにも見えます。もしかすると「いらっしゃい」と言っているのかもしれません。

八方ケルンを超えるとしばらく平坦な道が続き、右下に八方池が見えてきます。稜線上に新設された太陽光の力で動く風速計がゆっくりと回っていました。雪の無い登山道は、この先の下ノ樺で終わり、その後はアイゼンを付けて登る雪の斜面です。

八方池は雪で覆われ、その上を歩くことも出来ます。6月から7月になるとユキワリソウであたり一面埋め尽くされます。雪が溶けると白馬三山(一番尖って見える鑓ヶ岳から右に、杓子岳、白馬岳)が湖面に映る絶好の撮影ポイントです。

八方池を右下に見ながら、平坦な稜線をダケカンバの林のある下ノ樺へ進んで行きます。次第に残雪がある斜面になってきました。

下ノ樺でアイゼンを装着します。夏道とは異なり、真直ぐに登って行くため、上部での斜度は25度ほどになります。ここでは、植生の逆転現象によりダケカンバの林が見られます。

アイゼンを付けて最初の急坂をクリアすると一気に傾斜が緩み、爽快な稜線を登って行きます。夏道は、左手側の斜面をトラバースする様に登り上げています。

稜線上の一部分は、残雪が消えてるところもあります。この上で稜線から少し離れ左手側の雪原を真直ぐに登ります。

この辺りが上ノ樺で、左手上部は夏でも雪渓が残る扇雪渓だと思われます。広い雪原を登って行きます。少し登ると傾斜がややきつくなります。この辺りでは、ピッケルの使用は必要ありません。

やや傾斜が増した広い斜面を登ります。右上の丸いピークは丸山ケルンが建つ丸山です。冬道は丸山ケルンを素通りする様に登っていますが、今回は丸山ケルンによって行きます。

標高2430メートル地点の丸山ケルンです。右手前方に大きく切れ落ちる不帰キレット、天狗岩稜、鋸の歯の様な不帰ノ嶮の急峻な岩峰が次第に迫ってきます。振り返ると、白馬の街並みや高妻山などがよく見えます。

丸山ケルンから振り返る。雪の斜面を登っている登山者が小さく見えます。眼下には白馬の街の中に青木湖が見えます。写真には写っていませんが、左手方向には雨飾山、火打山、妙高山などが見え、その右に高妻山がよく見えます。

ここからはほぼ稜線上を真直ぐに登って行きます。左手の谷側の斜面はさほどきつくないのですが、雪の表面がアイスバーンになっている時は、ピッケルの携帯が必須です。

稜線上には一部分残雪の消えた所があったり、東側の斜面のハイマツ帯には雪が付いていない所もあります。右端のピークが唐松岳で、その左が唐松岳頂上山荘の真上のピークです。

ややきつい斜面を登り、小ピークの上に立ちます。とはいえ斜度は約20度ほどで、天気が良く雪が緩んでいるので滑落の心配はまずありません。気温が氷点下を下回ってくると表面がアイスバーンになるので、12本歯のアイゼンを効かせてピッケルを持って登る必要がある所です。

小さなピークを登り上げ、ハイマツ帯の中を進みます。これから三つの小ピークを越えると唐松岳頂上山荘の真上のピークに到着です。この辺りは比較的緩斜面なのでストックでも十分です。

最後の雪の急斜面を登り上げるとリッジ状の痩せ尾根の通過になります。ここでアイゼンを外して稜線上の岩場を登ることも出来ます。写真ではそのままアイゼンを付けて登っていると登山者が見えています。

ここから稜線上の痩せ尾根を登って行きます。夏道は稜線の左手側をトラバースする様に付いています。稜線上には残雪は全く無く、難しい登りではありません。狭い稜線なので展望がよく、白馬三山から連なる不帰ノ瞼の岩峰が目前に迫ってきます。

痩せ尾根を通過していきます。残雪はなく、今年のGW・・残雪期期間中は特に難しい登りではありません。一部分狭いリッジになっているので厳冬季の通過はここが核心部となるでしょう。

痩せ尾根を通過し、雪の斜面を左側にトラバースすると唐松岳頂上山荘の真上へ飛び出します。夏道は、左側(西側)の山腹をトラバースして、唐松岳頂上山荘の前庭に通じています。

痩せ尾根を登り切ると唐松岳頂上山荘の真上に飛び出します。ピラミダルな山容の唐松岳が目に飛び込んできます。右側には鋭く切れ落ちた不帰キレットや不帰ノ瞼の岩壁が目前に迫っています。比較的緩斜面を登れば山頂です。

後立山連峰の縦走路にある標高2696メートルの唐松岳山頂です。当日は晴天で約20人ほどの登山者が山頂で写真を撮ったり、くつろいでいました。

唐松岳頂上から望む五竜岳。その後ろに連なる後立山連峰の盟主・鹿島槍ヶ岳、その裏に僅かに槍ヶ岳の穂先が見えていました。又、左手には南アルプス、八ヶ岳がよく見えます。

唐松岳頂上山荘から唐松岳頂上山荘を望む。積雪期の登山道は山荘裏のピークに稜線づたいに登り上げています。本来のテント場は雪に覆われていて使えませんので、小屋の前庭が臨時のテント場になっています。日帰りのトイレ利用料は男女とも200円です。日帰り及びテント泊共に食堂での休憩は300円(喫茶メレーズは使用出来ません)。

唐松岳山頂から黒部渓谷を挟んで雪の殿堂・剱岳とその左手に立山を望む。無雪期の唐松岳や不帰キレット、唐松岳から五竜岳への縦走路などもご覧ください。

唐松岳の登山情報を共有しましょう

八方根地図
クリックで拡大

八方尾根ルート地図

GW・残雪期の八方尾根ルート詳細情報

ルート 八方池山荘(標高1,835m)⇒八方山ケルン(標高1,974m)⇒第二ケルン・トイレ(標高2,005m)⇒八方ケルン(標高2,005m)⇒八方池(標高2,060m)⇒丸山ケルン(標高2,430m)⇒唐松岳(標高2,696m)
コースタイム 登山:八方池山荘⇒唐松岳 3時間20分
下山:唐松岳⇒八方池山荘 2時間10分
駐車場 白馬八方根の駐車場の詳細はこちら
核心部 危険個所はありません
難易度 [登山道(一般道)を10段階で表示 特に鎖場の岩登り] 2
飲料水必要量 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:1.36リットル、体重60kgの人:1.77リットル、体重75kgの人:2.18リットル
消費カロリー 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:2.534Kcal、体重60kgの人:3.294Kcal、体重75kgの人:4.054Kcal
燃焼脂肪量 5Kgの荷物を背負う場合のダイエット効果
体重45kgの人:0.362kg、体重60kgの人:0.470kg、体重75kgの人:0.579kg
標高差 距離 5.2km 最大標高差 855m 平均斜度 全体:16.6% 上り:17.1% 下り:4.1% 獲得標高 上り:840m 下り:8m
山小屋 八方池山荘 唐松岳頂上山荘
登山口までのアクセス 白馬八方根までのアクセスの詳細はこちら

次はどこの山へ行こうかな。行きたい山がすぐに見つかる。

日本アルプス登山ルートガイド さんの Pinterest プロフィールにアクセスしましょう。

facebookもチェック

google+ページもチェック

Translate
北ア・ライブカメラ

山のライブカメラ

唐松岳の天気

更新情報を配信
唐松岳 地図

唐松岳 登山 地図

唐松岳は
「34.白馬岳 北アルプス」
「35.鹿島槍・五竜岳 北アルプス」に収録されています。
山岳保険
登山装備
広告