日本アルプス登山ルートガイド-核心部のルート案内
Home北アルプス南アルプス中央アルプス八ヶ岳富士山百名山登山ガイド山小屋アルバイト

日本アルプス登山ルートガイド > 北アルプス > 黒部五郎岳 > 双六岳・三俣蓮華岳から黒部五郎岳

北アルプス山小屋情報アクセス・交通機関高山植物きのこ温泉情報
ルート

白馬岳

唐松岳

五竜岳

鹿島槍ヶ岳

爺ヶ岳

針ノ木岳

烏帽子岳

栂池自然園

剱岳

立山

薬師岳

黒部五郎岳

上高地

槍ヶ岳

南岳

穂高岳

霞沢岳

焼岳

笠ヶ岳

燕岳

蝶ヶ岳

常念岳

乗鞍岳

御嶽山



双六岳・三俣蓮華岳から黒部五郎岳

双六岳・三俣蓮華岳から黒部五郎岳登山ルート概要

登山ツアー情報

黒部五郎岳登山ツアー

東北・関東・東海・関西・九州発
黒部五郎岳登山ツアー

登山コース案内

新穂高温泉を登山口として、双六岳及び三俣蓮華岳を経由し黒部五郎岳へ登るルートを紹介します。

ここでは双六小屋からルート案内をします。※ 新穂高温泉から双六小屋までのルートについては、槍ヶ岳の西鎌尾根ルートをご覧ください。

双六岳及び丸山を通過しない巻き道ルートが三俣蓮華岳へ通じていますが、やはり展望良好な双六岳及び丸山を通って行くことをお薦めします。特に、双六岳の広い稜線から振り返る槍・穂高岳の峻険な姿は大変見事です。また、南側に目を転じると鋭角的で峻嶺峨々として聳える笠ケ岳は、おそらくこの位置から見る姿が最も美しく見えるのではないでしょうか。僅か30分ほどのコースタイム超過になるだけなので、ここを外しては余りにももったいないと感じます。

三俣蓮華岳山頂に立つと鷲羽岳・水晶岳・雲ノ平など黒部源流の山々の全貌がパノラマのように広がります。更に、鷲羽岳の右手奥に裏銀座縦走コースの野口五郎岳、雲ノ平の台地の左手後方には裾野を大きく広げた薬師岳もよく見えます。

三俣蓮華岳から黒部五郎岳登山の拠点となる黒部五郎小舎までは、背の低いハイマツが覆い尽くす広い稜線を降ります。正面に黒部五郎岳が近づくにつれ、黒部五郎カールの壁面を覆う羊背岩がはっきりと見え、それまで小ぶりに見えていた山から雄大でダイナミックさを感じる山へと変貌していきます。

黒部五郎小舎が建つ五郎平は、池塘が点在する草原が広がり、7月の終わりになると、辺り一面をコバイケイソウの白い花が埋め尽くします。

黒部五郎小舎から黒部五郎岳を目指すルートは、黒部五郎カールを登るルートと稜線ルートの二つがありますが、やはりお薦めは黒部五郎カールルートです。今回は、下山時に稜線ルートを使って黒部五郎小舎まで降ります。

山小屋から山頂までは約1時間50分見れば登頂出来ます。黒部五郎カール内に入ると雪渓から流れ出す清冽な流れが憩いの場を提供してくれます。カール壁に張り付くように幾重にも折り重なった羊背岩が作り出す景観は、まさに天上の楽園と呼ぶに相応しいものです。

コバイケイソウが咲く草付きの急斜面をひと頑張りすれば黒部五郎岳の肩へ上がります。北ノ俣岳方面分岐を右手に見送ると5分ほどで黒部五郎岳山頂です。

山頂で展望を楽しんだら稜線ルートを下ります。山頂近くは狭い稜線に沿って登山道が付けられています。カール壁側は鋭く切れ落ちていますから滑落しないように慎重に通過します。次第に台地状の広い稜線に変わり、チングルマやハクサンイチゲなどが咲く歩きやすい道に変わります。僅かに残った雪渓を通過し、灌木帯を下ると黒部五郎小舎です。

稜線ルートは、昭文社の地図では破線で描かれていますが、特に難所はなく、登山初心者でも問題無く歩くことが出来ます。



すべての動画をyoutubeで見る

画像一覧

双六小屋から双六岳、三俣蓮華岳を経由して黒部五郎岳へ向かいます。ハイマツ帯の間を直登します。新穂高温泉から双六小屋までのルートは槍ヶ岳の西鎌尾根のページをご覧ください。

15分ほどハイマツ帯を直登すると台地状の平坦地になります。ここで、双六岳稜線ルートと三俣峠へ向かう巻き道ルートに分岐し、少し行った所で中道ルートが分岐します。今回は、正面の岩場を登り右方向の双六岳(ここからは見えない)を目指します。

3方向への分岐から丸山、三俣蓮華岳方面の稜線を写す。左手の丸いピークが丸山、右端の残雪のあるピークが三俣蓮華岳です。双六岳から順次稜線を辿って行きます。

大小様々な岩がゴロゴロする急斜面を登ります。スタンスは豊富なので登山初心者でも容易に登れます。この岩場を登り上げると広い稜線に出ます。

双六岳へ続く台地状の広い稜線は、背の低いハイマツや草地が広がり、その中に砕石を敷き詰めた様な登山道が山頂に向かって緩やかな勾配で伸びています。

台地状の広い稜線から南方向を望むと天を突くように聳える笠ヶ岳が美しい姿を見せています。おそらく、この方向から望む笠ケ岳が最も鋭角的でピラミダルな形をしているのではないでしょうか。

標高2860mの双六岳山頂。道標の裏側に丸山及び三俣蓮華岳で、右端に鷲羽岳、その左に水晶岳、左端に稜線を左右に広げた雄大な山が薬師岳です。

双六岳山頂から振り返る。広い台地状の稜線の先にひときわ鋭く尖った槍ヶ岳、その右に穂高連峰、左端には常念山脈が見えています。

双六岳から真北に折れ、丸山へ向かいます。たおやかな稜線上を小さくアップダウンを繰り返し進みます。三俣蓮華岳は丸山に隠れて見えません。

丸山手前の東側の斜面は大きく崩壊して岩場が剥き出しになり荒々しい姿を見せています。その稜線沿いのハイマツの中を進みます。

前写真の位置から中道ルートを振り返って撮影。ほぼ平坦な登山道が、双六岳の北東斜面に出来たカール地形の底に付いています。登山道の左手に見える小さな高まりはモレーンでしょうか?遠景に西鎌尾根の起点となる樅沢岳と更にその奥に槍ヶ岳が見えています。

稜線の西側斜面を覆うハイマツの中に縫う様に丸山に向け登山道が伸びています。丸山山頂に登るとしばらく平坦な道が続きます。

丸山山頂から平坦な道をしばらく歩いたら両山の鞍部へ下降していきます。正面のピークが三俣蓮華岳です。山頂から左手方向に伸びる稜線に黒部五郎岳方面の登山道が付いています。山頂の右手に水晶岳、左手に薬師岳が聳えています。

前写真の位置から黒部五郎岳を撮影。三俣蓮華岳から左手方向(北西)へ落ち込む稜線に登山道が付いています。黒部五郎岳の標高は2840mです。丸山の2854メートルよりも14メートル低いので、ここから見るとやや小ぶりに見えます。

三俣蓮華岳山頂。ここは鷲羽岳や水晶岳への分岐点でもあり、富山県・岐阜県・長野県の県境になっています。更には「三俣」の名前の由来となった3方向への分水嶺(北の富山県側の黒部源流、西の岐阜県側の神通川源流、東の長野県側の高瀬川源流)でもあります。

三俣蓮華岳から北側を撮影。写真中央部で左右に落ち込んでいる場所が黒部源流、その右手側に見える赤い建物が三俣山荘、そこから北側に稜線を辿れば鷲羽岳、その左手奥にワリモ岳、更にその奥の山頂がギザギザした山が水晶岳、写真中央を南北に走る谷の左手側に祖父岳です。

三俣蓮華岳から北西方向に稜線を辿り、途中から南西に折れ黒部五郎小舎を目指して降ります。遠景に黒部五郎岳です。

三俣山荘からの巻き道を右手から合わせ、更に進んで、大きく90°南西方向に折れた辺りからハイマツに覆われた尾根が広くなり、その中をゆっくりと下って行きます。黒部五郎岳は次第に大きくなってきました。

ハイマツ帯の緩斜面の下りが終わると西方向に進路を変え、灌木帯の中に入って行きます。池塘が点在する五郎平に赤い屋根の黒部五郎小舎が見えています。黒部五郎小舎から二手に分れてうっすらと北側カールルートと稜線ルートが見えています。

灌木帯の中の急斜面を下ると黒部五郎小舎です。背景に黒部五郎岳が聳え、アルペンムードが漂ってきます。周辺には池塘が点在し、コバイケイソウが花盛りです。

黒部五郎小舎から黒部五郎岳カールコースを進みます。五郎平の草原から樹林帯の中に入り、小さな沢を二つ越えて灌木帯を抜けると正面に黒部五郎岳が大きく迫ってきます。ここから山頂までは1時間50分見れば登頂出来ます。

ダケカンバの灌木帯を抜けると黒部五郎岳の迫力ある岩稜が姿を見せます。

モレーンを越えた辺りで黒部五郎岳カールの全貌が姿を現します。草原地帯に点在する羊背岩を横切りながらカール内を登ります。この辺りは五郎沢右俣の源頭部で、濃霧時下山に使う場合、沢に入り込まない様に注意が必要です。

黒部五郎岳カール壁を形成する羊背岩。1万年以上前の氷河期に発達した氷河によって岩の表面は削られ滑らかになっています。そして、直線的な溝が幾筋も入っています。

雪渓が融け小川となって流れています。水場としても使え休憩の絶好のポイントです。周辺の草原にはコバイケイソウの大群落、シナノキンバイ、ミヤマキンポウゲなどがお花畑を作っています。登山道は右手側の草地を登っています。

コバイケイソウが白い花を付ける草付きの斜面をジグザグに登り、山頂から北東へ伸びる稜線の尾根を目指します。下部は大きめの石がゴロゴロして安定して登れますが、上部になるにつれ浮石の多い砂礫の急斜面です。

あと少し登ると稜線に上がり、尾根を左側に少し辿った所が黒部五郎岳の肩です。

黒部五郎岳の肩から山頂を望む。100メートルほど稜線を進むと右手方向に北ノ俣岳・太郎平小屋方面の道が分岐します。この山は岐阜県の飛騨市と高山市、富山県富山市の県境に位置しています。

黒部五郎岳の肩からカール底側を写す。下山時に使う稜線が五郎平へ伸びています。遠景には三俣蓮華岳から双六岳へ連なる稜線の上に槍・穂高の山頂部が覗いています。

黒部五郎岳の肩から北ノ俣岳へ伸びる稜線を写す。登山道はこの砂礫の斜面をジグザグに下っています。右手奥にどっしりと構えるのは薬師岳です。

三角点の設置された黒部五郎岳(岐阜県側の呼び名は中ノ俣岳)。黒部五郎岳は非対称山稜を形成し、北東側は巨岩が点在する五郎のカールがあり、男性的でダイナミックであるのに対し、南西側はハイマツ帯に覆われたなだらかな斜面を形成しています。

黒部五郎岳山頂からカールの全景を写す。カール底に描かれた一筋のラインが登山道です。右上に見える雲の下辺りに黒部五郎小舎が建っています。遠景には右側から鷲羽岳、ワリモ岳、水晶岳が聳えています。

黒部五郎岳山頂から稜線ルートを下り黒部五郎小舎に戻ります。黒部五郎カールルートが一般的すが、視界不良時には稜線ルートの方が確実に下れます。

南東方向に伸びる細い尾根を降ります。小ピークが連なり、所々で岩稜帯の通過があります。

稜線から羊背岩の間に黒部五郎カールを見下ろす。黒部川源流の五郎沢右俣が左方向にカーブしています。遠景中央部に水晶岳が聳えています。

稜線ギリギリに登山道が付いています。南側斜面(右手側)はハイマツ帯に覆われ危険はありませんが、カール壁側の鋭く切れ落ちているところは慎重に通過します。

稜線途中から振り返って撮影。黒部五郎岳カール北壁の羊背岩が荒々しい姿を見せています。

カール壁側の斜面の傾斜が次第に緩くなってきました。カール底に真直ぐに見える筋が五郎カールルート登山道です。

黒部五郎岳のカール壁を埋める羊背岩。表面は氷河に削られ平らになっています。

標高約2500メートル地点から山頂を振り返る。右手に黒部五郎カール、稜線沿いに登山道が見えています。

正面の尖ったピーク周辺は、大きな岩がゴロゴロした歩きにくいところです。

稜線に沿って羊背岩がゴロゴロした所を飛び跳ねるように進みます。少し歩きにくく時間がかかるところです。

狭かった稜線は次第に広くなり、台地状になります。ハクサンイチゲやミヤマキンポウゲなどの高山植物が目を引きます。

僅かに残った雪渓の中を歩き、灌木帯の中に入って行きます。

雪渓を過ぎると砂礫の斜面にチングルマの群落が広がっています。写真には写っていませんが、雪渓から流れ下る小川が深くえぐられた笹原の間に流れ込んでいます。

雪渓から流れる小川の水は地下に染み込んでこの辺りは涸沢となっています。背の高いハイマツとナナカマドなどの灌木帯の中に深く刻まれた道を下ります。

笹の間に作られたガレた道を下ると黒部五郎小舎です。小屋の右手に2ヶ所テント場があるのが分ります。

コバイケイソウの群落と池塘が織りなす美しい草原、五郎平に建つ黒部五郎小舎。

黒部五郎岳の登山情報を共有しましょう

双六岳・三俣蓮華岳から黒部五郎岳ルート地図

双六岳・三俣蓮華岳から黒部五郎岳ルート詳細情報

ルート 双六小屋(標高2,600m)⇒双六岳(標高2,860m)⇒丸山(標高2,854m)⇒三俣蓮華岳(標高2,841m)⇒黒部五郎小舎(標高2,350m)⇒黒部五郎岳(標高2,840m)
コースタイム 登山:双六小屋⇒黒部五郎小舎(黒部五郎岳カールコース)⇒黒部五郎岳 5時間10分
下山:黒部五郎岳(稜線ルート)⇒黒部五郎小舎 1時間10分
駐車場 新穂高温泉登山者用駐車場の詳細はこちら
核心部 特にありません。
難易度 [登山道(一般道)を10段階で表示 特に鎖場の岩登り] 1
飲料水必要量 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:1.59リットル、体重60kgの人:2.07リットル、体重75kgの人:2.55リットル
消費カロリー 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:2.966Kcal、体重60kgの人:3.856Kcal、体重75kgの人:4.746Kcal
燃焼脂肪量 5Kgの荷物を背負う場合のダイエット効果
体重45kgの人:0.423kg、体重60kgの人:0.550kg、体重75kgの人:0.678kg
標高差距離 12km 最大標高差 522m 平均斜度 全体:-0.7% 上り:17.1% 下り:17.9% 獲得標高 上り:968m 下り:1085m
山小屋 わさび平小屋 鏡平山荘 双六小屋 黒部五郎小舎 三俣山荘 太郎平小屋 
登山口までのアクセス
新穂高温泉へのアクセスの詳細はこちら
新穂高ロープウェイ公式サイト

双六岳・三俣蓮華岳から黒部五郎岳登山ルートの「高山植物」

ハクサンイチゲ
ハクサンイチゲ
ハクサンフウロ
ハクサンフウロ
ミヤマリンドウ
ミヤマリンドウ
イワツメグサ
イワツメグサ
ヨツバシオガマ
ヨツバシオガマ
ミヤマキンポウゲ
ミヤマキンポウゲ
シナノキンバイ
シナノキンバイ
タカネヤハズハハコ
タカネヤハズハハコ
ウサギギク
ウサギギク
ミヤマダイコンソウ
ミヤマダイコンソウ
チングルマ
チングルマ

次はどこの山へ行こうかな。行きたい山がすぐに見つかる。

日本アルプス登山ルートガイド さんの Pinterest プロフィールにアクセスしましょう。

facebookもチェック

google+ページもチェック

Translate
北ア・ライブカメラ

山のライブカメラ

黒部五郎岳の天気

更新情報を配信
黒部五郎岳 地図

黒部五郎岳登山 地図黒部五郎岳登山 地図

黒部五郎岳は
「37.槍ヶ岳・穂高岳・上高地 北アルプス」「36.剱・立山 北アルプス」に収録されています。
山岳保険
登山装備
広告