日本アルプス登山ルートガイド-核心部のルート案内
Home北アルプス南アルプス中央アルプス八ヶ岳富士山百名山登山ガイド山小屋アルバイト

日本アルプス登山ルートガイド > 百名山と日本の山々 > 浅間山 > 石尊山-浅間山の寄生火山

百名山百名山山小屋アクセス・交通機関高山植物きのこ温泉情報

栗駒山

吾妻山

磐梯山

安達太良山

那須岳

尾瀬

会津駒ヶ岳

燧ヶ岳

至仏山

武尊山

日光白根山

男体山

苗場山

巻機山

谷川岳

白山

妙高山

火打山

雨飾山

高妻山

四阿山

赤城山

浅間山

筑波山

妙義山

荒船山

両神山

雲取山

伊豆ヶ岳

御岳山

大岳山

高尾山

丹沢

箱根山・駒ケ岳

金時山

天城山

乾徳山

金峰山

瑞牆山

甲武信ヶ岳

西沢渓谷

大菩薩嶺



石尊山-浅間山の寄生火山

石尊山-浅間山の寄生火山登山コース概要

標高1667.4mの石尊山は、浅間山の南西麓に出来た寄生火山で、その山容は決して目だった存在とは言えません。しかし、そのルート上には血の色を連想させる赤褐色の水が流れ落ちる「血の滝」、浅間山の噴火によって流れ出た溶岩が作り出した洞窟「座禅窟」、鉄分で赤く染まった「おはぐろ池」など、自然の名勝が多数存在します。これらの場所は江戸時代に隆盛を極めた修験自性院が行場とした霊域であり、現代の我々にとってもパワースポットと呼んでも相応しい場所と言えます。

コースタイムはルート上から外れている座禅窟(上の座禅窟、下の座禅窟)を尋ねても、往復で4時間30分あればOKで、ハイキングコースといえるようなルートです。 ルート上には鎖場などの難所はなく、登山初心者でも容易に登れます。

山頂近くの石尊平まで登ると、浅間山の山頂がくっきりと姿を現します。 石尊山の山頂まで登ると東前掛山の南面に出来た阿陀ヶ城岩の大岩壁が見事に仰がれます。 南側に目を転じると眼下に軽井沢の街が広がり、さらにその遠方に八ケ岳連峰、南アルプス、秩父山系の山々などが視界に入ります。

登山口の追分宿は、江戸時代に発展した中山道の宿場町です。「追分節」は宿場の遊女たちの情を歌っているものとして知られていますが、その遊女・飯盛女たちの数は最盛期で270名もいたと言われ、活気に満ちた宿場町であったことが伺われます。そして、現在でもその面影が残る街並みが続いています。

石尊山と石尊信仰

浅間神社

浅間神社
追分宿にある浅間神社(あさまじんじゃ)は、かつて浅間山・石尊山の遥拝所になっていた所で、修験者・信徒の修行の道が石尊山に伸びていました。祭神は大山祗神・磐長姫神で、本殿は流造となって、海老虹梁・宝珠の彫りが見事で木鼻(象鼻)の出っ張りが室町時代の様式を残しています。軽井沢町指定文化財に指定されています。

神社右手奥の建物は軽井沢町追分宿郷土館で、浅間山や石尊山の修験道に関わる自性院などの資料が展示されています。

自性院と石尊信仰

江戸時代後半の寛政(1789年-1801年)から文化・文政期(1804年 - 1830年)にかけて石尊信仰が流行します。その中心的存在となったのが軽井沢町追分宿の修験社寺・自性院です。

石尊山は石尊権現(自然の御神体磐座)が祀られた山で、上の修行窟(座禅窟上)と下の修行窟(座禅窟下)の間に石尊社が置かれています。また、石尊信仰に関わる石造物も多数あり、修験道遺跡として貴重な遺構となっています。

石尊信仰は神奈川県伊勢原市の丹沢大山において始まった信仰で、大山山頂の石尊社と別当大山寺がその中心となっていました。現在は、大山阿夫利神社が中心となっています。詳しくは大山のページをご覧ください。

別当大山寺の僧らが御師となって関東全域に石尊信仰を広めていきます。大山寺の御師達がまとめた「開導記」によると、長野県の石尊信仰の広まりは、8人の御師によって八郡に石尊講が作られ、中山道・甲州伊那街道といった主要街道沿いで、特に東信地域にその数が多く作られたとあります。

石尊山中腹の「血の滝」の脇の溶岩壁にぽっかりと空いた洞窟に「不動明王」、上の修行窟(座禅窟上)に「千手観音」、その上の溶岩の絶壁に大天狗・小天狗、下の修行窟(座禅窟下)に「聖観音・如意輪観音・千手観音」などが残っています。 これらは自性院が設定した霊域の中に置かれた石造物で、修験道の行場になっていた場所である事を物語っています。

天明3年の浅間山の大噴火では、北側の上州側で1000名を超える死傷者が出るなど被害が大きかった一方、南側の信州側ではその被害は比較的小さかったといいます。石尊山もこの大噴火の被害をまぬがれた場所でした。このことは”浅間山の災害を封じ込める神として石尊権現のご利益があった”とする自性院の宗教活動の一環に利用されたとも考えられます。

浅間神社の西側にあった自性院は、明治新政府による神仏分離令に伴う廃仏毀釈により廃寺となります。現在は寺の建物はなく、不動明王の石像・御嶽山蔵王大権現・石灯籠などの遺構があるのみです。

参考文献:浅間山と祈り-追分宿と山の信仰-追分宿郷土館

石尊山山周辺の気温

山頂気温
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
最高気温(℃)
-2.0
-1.2
2.9
9.9
14.6
17.1
20.7
21.9
17.2
11.7
6.7
1.2
平均気温(℃)
-7.5
-7.1
-3.5
2.8
7.8
11.6
15.5
16.5
12.3
6.0
0.4
-4.7
最低気温(℃)
-12.7
-12.5
-9.1
-3.7
1.8
7.3
11.9
12.7
8.8
1.5
-4.7
-9.7

石尊山へ登るための装備と服装

季節により変動する登山用具/装備品
装備・服装
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
ツェルト
×
×
×
ストック
スパッツ
×
×
×
×
×
×
×
×
手袋
×
×
×
×
サングラス
軽アイゼン
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
12本歯アイゼン
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
ピッケル
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×

画像一覧

今でも江戸時代の宿場として繁栄した面影を残す追分宿から車を北進させ別荘地内を4分ほど進んだ車道沿いに石尊山登山口があります。5台ほど停められる駐車スペースと登山ポストがあります。

登山口から赤松の林の中に真直ぐに伸びたなだらかな登山道を登っていきます。追分原と呼ばれる比較的平坦な場所に「馬飼の土手」と書かれた道標が立っています。

三石追分林道を横切って登っていきます。更にカラマツ林と赤松が混在するの緩斜面が続きます。ここからさらに10分ほど登った所で浅間第二幹線林道を横切ります。

浅間第二幹線林道から北方向へ伸びる林道へ出て、100メートルほど林道を歩きます。

林道から外れて登山道へ入ります。左下の谷(濁川)からせせらぎが聞こえてきます。

この日は雪が締っていて、ワカンやスノーシューの必要はありません。特に滑落の心配はありませんが、谷側にロープが設置されているので、更に安心して登ることが出来ます。

赤滝分岐からトラバース気味に少し下り、約100メートルほど進んだ所に赤滝があります。左下には赤茶けた流れの濁川が見えています。

赤滝。濁川の水が赤褐色になっているのは、この上流に源泉である湧水があり、水は鉄分などの鉱物と二酸化炭素を含み、勢いよく湧き出します。湧き出した時の水は無色透明ですが、空気に触れると鉄は酸化されて水酸化鉄に変化するため水が濁ってきます。

「赤滝」横の溶岩の岩場に修行窟が作られています。洞窟内に不動明王二体が安置されています。右手側の「不動明王(火焔後背)」は、高さ1m40cm、追分宿-若林久左衛門-文政六歳発未4月吉日の銘。左手側の「不動明王(火焔後背)」は、高さ63cm。ここは浅間山自性院の修験道遺跡として残る遺構の一つです。

赤滝分岐に戻り、少し登ると登山道沿いからも赤滝を見下ろせます。赤滝は「血の滝」とも呼ばれ、自性院による石尊信仰の霊域となった場所です。当時、滝壺付近に橋が架かり、修行窟(座禅窟)と血の池へ向かう信仰の道が開かれていたと言います。現在は写真に見る様に滝の落ち口の少し上に橋が架けられています。

赤滝(血の滝)の落ち口の10mほど上流を木橋で渡ります。

赤滝(血の滝)から数分で清万林道から続く営林署林道に出ます。広い平坦地の脇には大きな看板が掲げられ、ベンチも設置されています。ここから営林署林道を左手方向に進むと約10分ほどで座禅窟(修行窟)です。座禅窟(修行窟)の往復は30分から40分見れば大丈夫です。

清万林道へ至る営林署林道をゆっくりと下って行きます。

営林署林道の右手側山腹に階段状の登山道が見えます。座禅窟(修行窟)まで2〜5分で到着しますが、それを示す道標が立っていませんから登り口を見落とさないことが肝要です。

林道から2分ほど登ると南西に開口し広さ約20平方メートルの「下の修行窟(座禅窟下)」があります。現在、盗掘を防ぐための鉄扉があり、洞窟内に入れませんが、覗き込むと石仏が多数安置されているのが見えます。また、右手側の小さな洞窟にも石造物が置かれています。

下の修行窟(座禅窟下)内部。棚状の岩に「聖観音・如意輪観音・千手観音」が23体置かれています。寛政12年(1803年)の銘が一体あり、その他は建立年月は不明です。これらの石造物は昭和20年以降に洞窟内に入れられたようです。

右手側の小さい洞窟に置かれた板状の石造物には「座禅霊神」と刻まれています。まさにこの座禅窟は血の滝と共に軽井沢追分宿にあった浅間山別当を称した修験自性院の行場をなし、修験者達は交代で座禅修行をしました。

下の修行窟(座禅窟下)のすぐ左手に置かれた宮形の大きな石祠は、文化9年の銘がある石尊権現を祀った石尊社です。石尊山の石尊信仰は、神奈川県伊勢原市の丹沢大山の大山石尊権現の流れを汲むものです。

下の修行窟(座禅窟下)からさらに3分ほど登った所に大岩があり、その間に洞窟らしきものが見えてきます。土留めが部分的に壊れ、洞窟下にはロープが掛られるなどやや足元が不安定な所です。辺りには結界が張られ、人間を寄せ付けない不思議なパワーを感じます。大岩の上部に大天狗・小天狗の銘が刻印された石祠が祀られているようです。

上の修行窟(座禅窟下)内部。南東方面に開口した洞窟内の広さは約25平方メートルあり、南面に1ヶ所、窓が開けられ床面には川砂が敷かれています。西の壁際に元文2年(1737年)銘の「千手観音(起舟後背)」が据えられています。この事で、石尊信仰が流行した寛政〜化政期以前に自性院が石尊山を信仰の山として利用していた事が分ります。

湯ノ平側に落ち込む傾斜の傾斜は35度ほどです。谷側には滑落防止のためのロープが設置されています。

営林署林道を分岐まで戻り、血の池を目指します。血の池の少し下に設置された防災広報施設近くで石尊山へ登る時計回りのルートが左手方向に分岐する様ですが、それを示す道標は無く、分岐点は不明瞭です。昭文社の地図にはこの分岐が記載されていますから多くの登山者が血の池分岐と混乱をきたす場所です。

「血の池」と呼ばれる場所ですが、池らしいものは見当たらず道標が立っているだけです。おそらく以前は沼地があったのでしょう。正面に分岐を示す道標が立っています。昭文社の地図に書かれた状態と違うため、ここでルートを右方向に辿り、道間違いを犯す登山者が多くいるようです。

前写真の道標(右手側)には「源泉を経由して石尊山へ」とあります。左手方向も石尊山へ行くルートで、すぐ上に「おはぐろ池」があります。今回は右方向に1分ほど進み、源泉まで行ってみます。

第二源泉と書かれた祠の下から勢いよく源泉が湧き出しています。飲んでみると酸っぱく鉄分の味がします。源泉の温度は低く温泉ではありません。源泉の水は透明で濁川へ流れ込みます。しばらくすると透明の水は空気と触れ、すぐに濁りが出てきます。

右手下が源泉です。このまま登山道は進行方向に伸びていますが、木が倒れ、進入禁止のようになっています。昭文社の地図には載っていないルートになります。約1時間ほど余分にかかり石尊平に抜けるルートのようですが、今回は引き返します。

源泉から血の池分岐まで戻り、少し登った所に「おはぐろ池」があります。池の水は少し赤褐色に濁り、周辺の土は鉄分で赤く変色しています。

「おはぐろ池」の右手上の石祠の脇に「血の辧財天神社祭札」と書かれた柱が立っています。

「おはぐろ池」を過ぎた辺りで左手上に石尊山の山頂が見えてきます。山頂の右手側から反時計回りに回り込むように登っていきます。

「石尊平」です。正面の小高い所が石尊山頂です。ここで振り返ると、浅間山(前掛山から東前掛山)の南斜面がよく見えます。その左手には剣ヶ峰も見えます。ここ石尊平から剣ヶ峰の北側を抜け火山館に至る登山ルートがありますが、噴火の危険があるため立ち入り禁止になっています。

標高1667.4メートルの石尊山頂です。右手側の大きく崩壊した場所は阿陀ヶ城岩と呼ばれています。

石尊山から南側を望むと軽井沢の街が広がっています。山頂から拡声器が設置された近くに下るルートがありますが、写真に見る様に踏み跡程度で余り使われてはいないようです。


浅間山の登山情報を共有しましょう



石尊山-浅間山の寄生火山コース地図

石尊山-浅間山の寄生火山コース詳細情報

ルート 4月26日
追分宿登山口(標高1,023m)⇒赤滝(血の滝) (標高1,380m)⇒座禅窟 (標高1,395m)⇒血の池 (標高1,473m)⇒源泉 (標高1,474m)⇒おはぐろ池 (標高1,475m)⇒石尊平 (標高1,627m)⇒石尊山(標高1667.4m)
コースタイム 登り: 追分宿登山口⇒石尊山 2時間55 分 ( 座禅窟往復35分を含む)
下り:石尊山⇒追分宿登山口 1時間20分
駐車場/トイレ 追分宿登山口に4〜5台の駐車スペース
核心部 難しい所はありません。
難易度 [登山道(一般道)を10段階で表示 特に鎖場の岩登り] 1
飲料水必要量 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:1.06リットル、体重60kgの人:1.38リットル、体重75kgの人:1.70リットル
消費カロリー 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:1.976Kcal、体重60kgの人:2.569Kcal、体重75kgの人:3.162Kcal
燃焼脂肪量 5Kgの荷物を背負う場合のダイエット効果
体重45kgの人:0.282kg、体重60kgの人:0.367kg、体重75kgの人:0.452kg
標高差 距離 7km 最大標高差 642m 平均斜度 全体:9.1% 上り:10.6% 下り:6.2% 獲得標高 上り:649m 下り:28m
山小屋
登山口へのアクセス 国道18号線沿いの追分入口バス停から約15分。中軽井沢〜追分入口 軽井沢町内循環バス西コース30分、一日7本

次はどこの山へ行こうかな。行きたい山がすぐに見つかる。

日本アルプス登山ルートガイド さんの Pinterest プロフィールにアクセスしましょう。

facebookもチェック

google+ページもチェック

Translate
百名山ライブカメラ

百名山ライブカメラ

更新情報を配信
広告

浅間山の天気

日本百名山の天気

浅間山地図

冬の浅間山 地図

黒斑山/浅間山は
「19.浅間山・軽井沢」に収録されています。
山岳保険
登山装備