日本アルプス登山ルートガイド-核心部のルート案内
Home北アルプス南アルプス中央アルプス八ヶ岳富士山百名山登山ガイド山小屋アルバイト

日本アルプス登山ルートガイド > 百名山と日本の山々 > 金時山 > 足柄峠から金時山登山コース

百名山百名山山小屋アクセス・交通機関高山植物きのこ温泉情報

栗駒山

吾妻山

磐梯山

安達太良山

那須岳

尾瀬

会津駒ヶ岳

燧ヶ岳

至仏山

武尊山

日光白根山

男体山

苗場山

巻機山

谷川岳

白山

妙高山

火打山

雨飾山

高妻山

四阿山

赤城山

浅間山

筑波山

妙義山

荒船山

両神山

雲取山

伊豆ヶ岳

御岳山

大岳山

高尾山

丹沢

箱根山・駒ケ岳

金時山

天城山

乾徳山

金峰山

瑞牆山

甲武信ヶ岳

西沢渓谷

大菩薩嶺



金時山・足柄峠コース

金時山・足柄峠登山ハイキングルート概要

アクセス

足柄峠は箱根山の外輪山である金時山から北側に伸びる尾根にある峠で、古くから駿河国と相模国のとを結ぶ交通の要所でありました。マイカーの場合、足柄峠の車道沿いにに5台ほどの駐車スペースがあり、さらに林道を車で走ると、林道脇に20台ほどの駐車スペースがあり、さらにゲート直前には20台ほどの駐車スペースがあります。 林道は広く緩やかで車高の低い普通車でもゲートまで支障はありません。

バスで足柄峠へアクセスする場合には、伊豆箱根鉄道台雄山線の終点である大雄山駅で下車し、駅前の関本から箱根登山バスに乗ります。
地蔵堂までは11〜13本のバスがありますが、そこから足柄万葉公園(足柄峠まで徒歩15分)までは季節限定で運行されますので事前確認が必要です。
したがって、バスを使う場合には地蔵堂(大きな駐車場とトイレあり)を登山口とすることをおすすめします。

足柄万葉公園は、かつて都から東国へ派遣される国司の行列が通った官道を偲び、万葉集に読まれたことを記念して作られた公園です。

登山コース案内

ここでは林道ゲート前からのルートを案内します。 林道ゲート前で地蔵堂からのルートを合わせ、ゲートからしばらく退屈な林道歩きが続きます。
丸鉢山(夕日の滝分岐)で矢倉沢(地蔵堂)からの登山道を合わせると展望が開け、正面に金時山、遠くには富士山の眺望が素晴らしく、少し進むとベンチが設置された休憩ポイントに到着します。

鳥居をくぐると登山道の傾斜は一気に増し、鉄階段が連続するブナやミズナラの林の急坂が始まります。
右手方向に目をやると、山頂の金太郎茶屋や金時茶屋の荷物運搬用ケーブルが金時山山頂に伸びているのが見えます。

このハイキングコースは北面になるため冬季は登山道が凍りやすく転倒には十分注意してください。6本歯のアイゼン以上で登ることをお勧めします。滑落の危険個所は無いのでピッケルの持参は必要ないでしょう。


足柄峠を超える足柄道と箱根峠を越える湯坂道

箱根山は古代から交通の要所であり、「箱根山は天下の険」と歌われるように東海道最大の難所でありました。奈良時代以前から足柄峠を通る足柄道が作られていました。足柄峠に関所が作られたのは昌泰2年(西暦899年)です。足柄関が設けられて以降、ここから東側の地域を「坂東」または「関東」と呼ばれるようになりました。
芦ノ湖の南に位置する箱根峠を越える湯坂道が開かれたのは、延歴21年(西暦802年)のことで、富士山の噴火により足柄道が通行止めになってしまったことで着工が始まったとされています。

画像一覧

足柄峠。奈良時代から東海道としてこの峠を越える道が整備され足柄路(矢倉沢往還)と呼ばれていました。足柄万葉公園まで箱根登山バスが期間限定、曜日限定で来ています。ここから足柄峠まで徒歩15分くらいです。

足柄城跡。天文5年(西暦1536年)頃に北条氏綱が建築したとされています。天正18年(1590年)に豊臣秀吉による小田原征伐が行われ、家臣の井伊直政によって落城しています。

階段を上がると足柄城跡に出ます。

足柄山聖天堂。足柄峠関所前にある御堂で、本尊「大聖歓喜双身天」を祀っています。

足柄山聖天堂。

足柄の関跡。足柄坂(峠)に関が設けられたのは昌康2年(西暦899年)で、関東諸国の盗賊を取り締まる為に作られたものです。

足柄の関向かいにある公衆トイレおよび無料駐車場約6台。

足柄峠から車で数分のところにある駐車スペース。ゲートの前に駐車場がありますので、ここに止める必要はありません。

ゲートの少し手前の無料駐車スペース。ゲートはここから少し行った所にあります。

ゲート前の無料駐車スペース。全部で30台くらいは駐車可能です。

ゲートを越えてゆっくりと登っていきます。しばらく退屈な林道歩きです。

夕日の滝分岐(猪鼻砦)。地蔵堂を登山口とするルートと合流する場所です。地蔵堂までは関本から箱根登山バスが一日10本以上ありますから公共交通機関を使う場合には地蔵堂登山口が便利です。

夕日の滝分岐にある休憩スポット。西側の眺望があり、富士山がよく見えます。

夕日の滝分岐から眺める金時山。後ろ側の小ピークを丸鉢山と言います。

金時山を望遠で撮影。山頂に登り上げる三つのルートの内、ここが最も傾斜きついところです。

ここから鉄階段が続く急登です。

鳥居をくぐると鉄階段が始まります。周辺はブナやミズナラの林が広がります。

鉄階段。

足柄駅方面からの登山道を合わせます。

山頂にある金太郎茶屋、金時茶屋の荷揚げ用ケーブル。

鉄階段が続きます。

鉄階段が続きます。

凍結時にはスリップしやすい為注意が必要です。

さらに続く鉄階段。

右側が急斜面ですがロープにより安全です。

またまた鉄階段を登ります。

足柄峠方面を振り返る。登山道が一直線に見えています。

ブナ、ミズナラの原生林の中の階段はまだまだ続きます。

ここを登れば山頂の小屋が見えてきます。

背の高い笹の間を登り、金時山山頂に建つ金太郎茶屋の所に飛び出します。

金時山山頂から箱根山(神山、駒ヶ岳)方面を写す。神山の中央火口丘、箱根山、仙石原、芦ノ湖など東西8km、南北12kmに及ぶカルデラ火山の全容が手に取るように分ります。

金時山の広い山頂は大きな岩が露出して荒々しい。天気が良ければ大きく裾野を広げた富士山の眺めが最高です。山頂の一角に獅鼻神社の奥社の祠が祀られています。山頂には公衆トイレ、ベンチやテーブルがあります。

金時山の登山情報を共有しましょう

足柄峠から金時山登山コース地図

足柄峠から金時山登山コース詳細情報

ルート 足柄峠(標高759m)⇒丸鉢山・夕日の滝分岐(標高962m)⇒金時山(標高1,213m)
コースタイム 登山:足柄峠⇒金時山 1時間30分
下山:金時山⇒足柄峠 1時間10分
駐車場 足柄峠駐車場の詳細はこちら
核心部 難しい所はありません。
難易度 [登山道(一般道)を10段階で表示 特に鎖場の岩登り] 1
飲料水必要量 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:0.66リットル、体重60kgの人:0.86リットル、体重75kgの人:1.06リットル
消費カロリー 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:1.236Kcal、体重60kgの人:1.607Kcal、体重75kgの人:1.979Kcal
燃焼脂肪量 5Kgの荷物を背負う場合のダイエット効果
体重45kgの人:0.176kg、体重60kgの人:0.229kg、体重75kgの人:0.282kg
標高差 9km 最大標高差 441m 平均斜度 全体:11% 上り:13.4% 下り:6.5% 獲得標高 上り:402m 下り:26m
山小屋 無し
登山口へのアクセス
足柄峠へのアクセスの詳細はこちら

次はどこの山へ行こうかな。行きたい山がすぐに見つかる。

日本アルプス登山ルートガイド さんの Pinterest プロフィールにアクセスしましょう。

facebookもチェック

google+ページもチェック

Translate
百名山ライブカメラ

百名山ライブカメラ

更新情報を配信
広告

金時山の天気

日本百名山の天気

金時山地図

金時山 地図

金時山は
「29.箱根 金時山・駒ケ岳 」に収録されています。
山岳保険
登山装備