日本アルプス登山ルートガイド-核心部のルート案内
Home北アルプス南アルプス中央アルプス八ヶ岳富士山百名山登山ガイド山小屋アルバイト

日本アルプス登山ルートガイド > 百名山と日本の山々 > 雲取山 > 鴨沢ルート

百名山百名山山小屋アクセス・交通機関高山植物きのこ温泉情報

栗駒山

吾妻山

磐梯山

安達太良山

那須岳

尾瀬

会津駒ヶ岳

燧ヶ岳

至仏山

武尊山

日光白根山

男体山

苗場山

巻機山

谷川岳

白山

妙高山

火打山

雨飾山

高妻山

四阿山

赤城山

浅間山

筑波山

妙義山

荒船山

両神山

雲取山

伊豆ヶ岳

御岳山

大岳山

高尾山

丹沢

箱根山・駒ケ岳

金時山

天城山

乾徳山

金峰山

瑞牆山

甲武信ヶ岳

西沢渓谷

大菩薩嶺



雲取山 鴨沢ルート

雲取山 鴨沢登山ルート概要

登山ツアー情報

雲取山登山ツアー

関東・東海・九州発: 雲取山登山ツアー

登山コース案内

鴨沢へは奥多摩駅から一日9〜10本のバスが運行されていますのでアクセスは良好です。 国道411号線沿いの鴨沢バス停にはトイレが完備し、無料駐車場がありますが、約13台のスペースしかなく、土日にはすぐに一杯となってしまいます。

鴨沢バス停から杉林抜け、徒歩で30分ほど登った林道と交差する所には約60台の無料駐車場があります。
ここも土日にはすぐに一杯となり林道に路上駐車する車の列ができます。

登山口から杉林の中の単調な登りが約2時間続きます。 杉林から広葉樹へと変化し、アセビが目立つ辺りから登りが急になり七ッ石小屋に至ります。

七ッ石小屋で登山道は分岐し、トラバース道と七ッ石山を経由する道に分れ、ブナ坂で再び合流します。七ッ石山直前に平将門伝説が残る七ッ石神社があります。

七ッ石小屋で水を補給し、ブナ坂へ向かう巻き道を進むと、単調な登りから解放され、南側の展望が開けるトラバース道となります。

ブナ坂からは広く開けた稜線を、小さなアップダウンを繰り返えし、40分ほどで遭難救助・山林火災用に設置されたヘリポートのある五十人平へ到着します。
五十人平には奥多摩小屋とテント場があり、テント場から水場まで約5分です。

奥多摩小屋からヨモギノ頭を過ぎ、富田新道への分岐点のある小雲取山まで登ってくると、雲取山山頂に建つ雲取山避難小屋が見えてきます。
小雲取山から雲取山へは展望の開けたなだらかな稜線が続きます。雲取山避難小屋の建つ地点から50mほど先に山頂を示す案内版が立っています。

雲取山山頂からは北側の一部の展望は効きませんが、それ以外の眺望はよく、特に南方向に見える富士山の眺望は雄大です。



雲取山避難小屋

雲取山避難小屋は、東京都が管理する最近新築された大変綺麗な山小屋です。定員は20名ほどの板の間の狭い空間です。近くにトイレがありますが、水場はありません。宿泊料金が無料ということもあって、土曜日などは大変混雑する場合があります。

七ツ石山に残る七人将門の伝説

平安時代・天慶3年(西暦940年)「天慶の乱」で敗れた平将門は、朝廷からの追討軍の藤原秀郷に追われた。平将門一行は奥多摩の七ツ石山に再起をかけて立て籠もった。藤原秀郷は山上で将門を見つけるが、将門と思しき武将は7人もいたという。藤原秀郷が成田不動を念じ、一心に祈ると、「影武者の6人は人形であり、朝に白い息を吐くのが本物の将門である」とお告げがあった。翌朝、藤原秀郷は弓を引き絞り、七ツ石山の1人だけ白い息を吐く武将めがけて矢を放つと見事に将門を射抜いた。こうして将門は滅び、7人の将門は岩に化したといいます。


画像一覧

鴨沢バス停の時刻表。奥多摩駅から鴨沢まで35分、西東京バスが走り1日9〜10本です。

鴨沢の駐車場約13台。ここが一杯の場合には、奥多摩駅方面に100mほど行った所から林道に入ります。少し車を走らせれば、小袖乗越駐車場が登山道沿いにあります。

鴨沢バス停のトイレ。鴨沢から雲取山への登山道は最短コースで、多くの登山者が利用しています。山頂までのコースタイムは約5時間20分です。

鴨沢バス停から人家が建つ歩道を登ります。小袖乗越駐車場までは約30分のコースタイムです。

杉林の登り。

杉林を徒歩で30分ほど登った所にある小袖乗越駐車場 約60台。土日は一杯になる場合が多いです。

小袖乗越駐車場が一杯になると登山口の近くには路上駐車の列fができます。

舗装された林道から杉林の中へ入って行きます。針葉樹林帯の退屈な登りが約2時間続きます。

小袖乗越駐車場から1時間ほど登った所にある水場。豊富な水量の水が湧出していました。

杉林から広葉樹へと変化します。七ッ石神社への参拝が盛んに行われた当時は、堂所で半丁博打の賭場が開かれていたそうです。多い時には100名ほどが集まったそうです。

アセビが目立ってきます。

マムシ岩分岐。右方向は七ツ石小屋への近道です。左へ行っても七ッ石小屋近くに出ます。

笹の中の急登りです。

七ッ石小屋。収容人員40名の素泊まりのみの山小屋で、前日の20時までに予約すると500円安くなります。土日もかなり空いているとのことです。テント場は2張。

七ッ石小屋が水を引いている所。七ッ石小屋において、無料で水を確保することが出来ます。

七ッ石小屋からは七ッ石神社、七ッ石山を経由するルートと巻き道があります。今回は巻き道を進みます。

諸左衛門尾根で上下の巻き道が合流します。

ブナ坂(ブナダワ)。ここは石尾根縦走路で七ッ石山から下ってくる道と合流します。唐松谷林道への分岐もあり、十字路になっています。

ブナ坂から広い稜線の登りが40分ほど続きます。防火帯として切り開かれた明るい尾根筋をたどります。

ブナ坂方面を振り返る。正面ピークが七ッ石山。七ッ石山からは雲取山がよく見へ、多少のアップダウンはあるにせよ七ッ石山を経由するルートを取ることをお薦めします。

広々とした登山道の左側は完全に展望が効きます。左手前方に雲取山から通じる尾根筋に聳える飛龍山が見えています。

小さなアップダウンを繰り返し緊急用ヘリポートに利用される五十人平へ向かいます。

五十人平のヘリポート。遭難救助、山林火災時に使用します。

五十人平のヘリポート先のテント場。幕営料500円、約10張ほど設営が可能です。右手先に雲取奥多摩小屋があります。

テント場から水場まで約5分です。水量は豊富です。

右手の赤い屋根が奥多摩小屋です。収容人数70人の自炊のみで予約は不要です。電気は無く、ランプと薪ストーブの昔ながらの山小屋です。

奥多摩小屋。通年営業で小屋の管理人は、常駐しています。 素泊まりのみで料金4000円。

奥多摩小屋のトイレ。昔ながらのトイレです。

奥多摩小屋からヨモギノ頭に向け登ります。

ヨモギノ頭から振り返る。石尾根の稜線の木が無い部分がヘリポートとテント場です。

ヨモギノ頭から少し下ります。

小雲取山への登り返し。右手方向に行くと大クビレ尾根を通る冨田新道です。

冨田新道分岐のある鞍部から次第に傾斜がきつくなります。急斜面はあまり続きません。

平坦な尾根道を少しの区間進みます。

この坂を登り上げると小雲取山です。見た目より傾斜はきついです。

小雲取山への登りの上部。

小雲取山。石尾根縦走路は小雲取山の最高点を通らずに西面直下を越えて行きます。富田新道への分岐点にもなっています。

雲取山へはなだらかな稜線を進みます。

山頂に建つ雲取山避難小屋が見えてきました。伸びやかな稜線が雲取山山頂まで続いています。

右方向に進めば雲取山荘への巻き道へ入ります。約20分で雲取山荘に至ります。

なだらかな稜線です。

マウンティンバイクの集団が降りていきます。

雲取山避難小屋が建っているのは南北に長い雲取山山頂の南端です。

雲取山避難小屋から石尾根の稜線を振り返る。

東京都が管理している雲取山避難小屋。

雲取山避難小屋内部。大変綺麗です。寝具類はないので、寝袋などを持参する必要があります。宿泊可能人数は約20人ほどですが、宿泊料金が無料ということもあって曜日や季節によって混雑する事があります。

雲取山避難小屋のトイレ。

雲取山避難小屋から50mほどの所にある北端の山頂。一等三角点が置かれ、富士山をはじめ、丹沢の峰々、大菩薩嶺、奥秩父の山々が見渡せる。

雲取山の登山情報を共有しましょう

雲取山鴨沢ルート地図

雲取山鴨沢ルート詳細情報

ルート 鴨沢(標高550m)⇒七ッ石小屋(標高1,600m)⇒ブナ坂(標高1,650m)⇒奥多摩小屋(標高1,760m)⇒小雲取山(標高1,937m)⇒雲取山(標高2,017m)
コースタイム 登山:鴨沢⇒雲取山 5時間20分
下山:雲取山⇒鴨沢 3時間30分
駐車場 鴨沢周辺の駐車場の詳細はこちら
核心部 特に難しい所はありません。
難易度 [登山道(一般道)を10段階で表示 特に鎖場の岩登り] 1
飲料水必要量 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:2.20リットル、体重60kgの人:2.86リットル、体重75kgの人:3.53リットル
消費カロリー 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:4.105Kcal、体重60kgの人:5.337Kcal、体重75kgの人:6.569Kcal
燃焼脂肪量 5Kgの荷物を背負う場合のダイエット効果
体重45kgの人:0.586kg、体重60kgの人:0.762kg、体重75kgの人:0.938kg
標高差 距離 11.6km 最大標高差 1468m 平均斜度 全体:12.7% 上り:13.6% 下り:4% 獲得標高 上り:1472m 下り:16m
山小屋 七ッ石小屋  奥多摩小屋  雲取山荘  雲取山避難小屋  三条の湯
登山口へのアクセス 鴨沢へのアクセスの詳細はこちら

次はどこの山へ行こうかな。行きたい山がすぐに見つかる。

日本アルプス登山ルートガイド さんの Pinterest プロフィールにアクセスしましょう。

facebookもチェック

google+ページもチェック

Translate
百名山ライブカメラ

百名山ライブカメラ

更新情報を配信
広告

雲取山の天気

日本百名山の天気

雲取山地図

雲取山 登山地図

雲取山は
「25.雲取山・奥秩父 」
「23.奥多摩 」 に収録されています。
山岳保険
登山装備