日本アルプス登山ルートガイド-核心部のルート案内
Home北アルプス南アルプス中央アルプス八ヶ岳富士山百名山登山ガイド山小屋アルバイト

日本アルプス登山ルートガイド > 百名山と日本の山々 > 瑞牆山 > カンマンボロン(パノラマ)ルート

百名山百名山山小屋アクセス・交通機関高山植物きのこ温泉情報

栗駒山

吾妻山

磐梯山

安達太良山

那須岳

尾瀬

会津駒ヶ岳

燧ヶ岳

至仏山

武尊山

日光白根山

男体山

苗場山

巻機山

谷川岳

白山

妙高山

火打山

雨飾山

高妻山

四阿山

赤城山

浅間山

筑波山

妙義山

荒船山

両神山

雲取山

伊豆ヶ岳

御岳山

大岳山

高尾山

丹沢

箱根山・駒ケ岳

金時山

天城山

乾徳山

金峰山

瑞牆山

甲武信ヶ岳

西沢渓谷

大菩薩嶺



GWの瑞牆山 カンマンボロン(パノラマ)ルート

GWの瑞牆山 カンマンボロン(パノラマ)コース登山ルート概要

登山ツアー情報

瑞牆山登山ツアー

関東・名古屋・関西発
瑞牆山登山ツアー

カンマンボロンを経由して瑞牆山に至るルートは廃道になって、登山地図には載っていません。所々で踏み跡程度になるところもありますが、ペンキマークや赤リボンが随所についてルート外すことはまずないと思います。ただし、登山時には分りやすいようにマーキングされていますが、下山時に使う場合には、ペンキマークの数が減り、ルートを外さない様に慎重に降りる必要があります。ペンキマークが途切れたら、必ずペンキマークを確認した元の場所まで戻ってください。

みずがき山自然公園の約300m手前に20台ほど止められる駐車スペースがあります。その前に三つの登山道が山の中に向かって伸び、どれを使っていいか迷います。左端の登山口には案内板が設置されています。右端の登山口には富士見平小屋を示す道標が立っています。真ん中には何もありません。

登山口近くには沢山の遊歩道が整備され、幾つにも交差しているので、山頂へ向かうルートがはっきりしません。

今回は最も分りやすい案内板のある登山口から出発します。車道から5メートルほど進むと二股に分岐します。分岐を右に辿り100メートルほど進むと、五差路が現れます。そのまま直進し、100メートルほど進むと再び五差路です。ここもそのまま直進し、更に100メートルほど行くと、山梨県中北林務環境事務所が木に巻き付けた注意書きがあります。この注意書きを確認すればその先は一本道です。

登山口から30分ほど歩くと、正面にカンマンボロンの梵字が刻まれた洞ノ岩の岩壁が見えてきます。その岩壁の基部から5メートルほど登った所に弘法大師が花崗岩にカンマンボロンと梵字を刻んだ岩壁があります。

洞ノ岩の岩壁が見え、ほどなくして急激に斜度が増してきます。呼吸を整えながら登ります。 小さな沢を超え、木の根が交差する急斜面を登り上げた岩に「←グリーンロッジ黒森、→みずがき山」と書かれたステンレス製のプレートが留められています。このプレートから50メートルほどトラバースした所が、目的のカマンボロの梵字へ向かう取り付き点です。ここまで登山口から約45分の行程です。

取り付き点の場所には道標などはなく、踏み跡程度で分りにくく、そのまま登山道を真直ぐに山頂に向け通過してしまいそうな場所にあります。一旦登山道から外れ洞ノ岩の岩壁が立ち上がっている所まで約30メートルほど踏み跡程度の道を登ります。洞ノ岩岩壁の真下に立ち、そのまま岩のスレスレを右方向に30メートルほどトラバースします。 そこから真上を見上げると洞窟状にえぐられた岩壁がそそり立ちます。

ザックをデポして洞窟状の急な斜面を5メートルほど登ると左手にトンネル状に開いた狭い岩の隙間があります。岩の隙間をすり抜けると2、3人で一杯となる狭いテラスに出ます。そこから見上げると、洞ノ岩の岩壁に刻まれた梵字を見ることが出来ます。

カンマンボロンの梵字のある所から登山道へ戻り、ペンキマークに従って登って行きます。ここから10分ほどトラバース気味に登って行くとアズマシャクナゲの群生地になります。

アズマシャクナゲの群生地を抜けると、一気に傾斜が増して、ロープの設置された岩やスリップしやすい急斜面が5箇所連続します。

ロープ場をクリアすると狭いルンゼを登りへ上げ小さな稜線に飛び出します。反対側に瑞牆山の奇峰群が近くに見え、パノラマルートと呼ぶに相応しい景観が目の前に広がります。

稜線から一旦下がり、アズマシャクナゲの群落地を登り上げると大ヤスリ岩の基部に到着します。大ヤスリ岩の基部を回り込めば、瑞牆山荘から登る一般道と合流します。

ゴールデンウィーク中ということもあって大勢の登山者で大きな岩がゴロゴロした所は、渋滞が発生しているところも随所で見られます。 瑞牆山の北側に回り込むと、まだ残雪があり、スリップしやすい新設された鎖場を登ると瑞牆山山頂に飛び出します。

瑞牆山への最短ルートであるカンマンボロン(パノラマ)ルートは、廃道になったバリエーションルートです。ペンキマークや赤札が多く、ルートを外すことはほぼないとは言え、急斜面が連続し浮石も多く、落石すれば後続者に当たりかねないといった危険や、トラバース区間でのスリップ・転倒が滑落に繋がるといった危険箇所もありますので、怪我の無い様に慎重に行動すると共に、入山に際しては自己責任でお願いします。


【カンマンボロンの梵字】
瑞牆山の麓、みずがき山自然公園近くから廃道となった登山道(ペンキマークは十分あり)を辿ると、弘法大師がカンマンボロン(大日如来・不動明王という意味)と梵字を刻んだ岩壁があります。


画像一覧

みずがき山自然公園手前300メートル地点にある駐車スペース。詰めれば約10台ほど駐車可能です。富士見平小屋の指導標が立っている登山口からも行けますが、やや分りにくいので、もう一つの登山口から出発します。

駐車スペース前に立つ「瑞牆の森」の案内板。案内板の位置から5メートルほど進むと二股に分れます。右方向に進みます。案内板にはカンマンボロンへ至るルートは記載されていません。

案内板から100メートルほど進むと五差路になります。ここはこのまま直進します。苗木を鹿から守るために金属製の網が巻かれている針葉樹林帯の中をゆっくりと登ります。

前回の五差路から100メートルほど歩くと再び五差路です。ここもそのまま直進します。ここから100メートルほど歩くと右手の木に取り付けられた紙の印刷物が見えてきます。

五差路から約100メートルほど登った所の右手の木に山梨県中北林務環境事務所によって書かれた注意書きがあります。ここは山梨県県有林で、明治44年皇室より御下賜され、森林法・自然公園法等により樹木の伐採などは禁じられ、国立公園特別保護区に指定されている。と書かれています。

山梨県中北林務環境事務所の注意書が張られた所からは一本道になり、特に迷う事はありません。「踏み跡」と言うよりもしっかりとした登山道と言った方が良いほどよく踏まれています。

植林され整然と生えた針葉樹林帯の中を登って行きます。大きなクションを背負ったロッククライマー達が3グループほど登って行きました。この先のカンマンボロン、大面岩、小面岩、などに登るのでしょう。

木々の間からカンマンボロンの岩壁が見えて来ました。左手ピークの右下に庇の付いた洞窟状の窪みが見えます。その下部に梵字が刻まれています。

カンマンボロンの岩壁が近づくにつれて、次第に傾斜が増してきます。小さな沢を右手に渡ります。登山道の木や岩に赤のペンキマークや赤札が付けられて、登山ルートははっきりしています。特に、登山時に分りやすいように付いています。

急な樹林帯を登ると赤の矢印が書かれた小さな岩場があります。この岩を右側から回り込むと、ステンレス製のプレートがあります。

「←グリーンロッジ黒森、→みずがき山」のステンレス製のプレートから50メートルほどトラバースした所がカマンボロンの梵字のある取り付き点です。ここまで登山口から約40分の行程です。

ステンレス製のプレートがある所から50メートルほどトラバースすると登山道を見失います。一段上がった所でトラバースする道が右方向に確認出来ます。その位置で登山道から別れ、写真の様な踏み跡程度の道をカンマンボロン岩壁へ向かって30メートルほど直上します。

カンマンボロン岩壁が立ち上がっている所から岩スレスレに右方向に30メートルほど進みます。踏み跡程度ですが赤札があるので分りやすいです。僅かですが右上方にカンマンボロンの洞窟状の岩溝が見えています。

洞窟状の岩溝を見上げる。高さ40mほどの岩溝で上部に庇の様な岩がせり出しています。ザックをデポして5メートルほど登った左手にポッカリと口を開けた狭いトンネル状の隙間があります。

人間1人がやっと通れるほどの狭い隙間をくぐり抜けると、2、3人で一杯になるほどの小さなテラスに出ます。

狭いテラスから見上げると、その昔、弘法大使が花崗岩に刻んだとされる梵字が現れます。高さ7メートルほどの岩壁に天然に出来た幻想的な溝です。パワースポットになっている様です。

カンマンボロンの梵字のある場所から登山道を見失った所まで戻った所の写真です。木の根元を一段上がった所から右方向にトラバース気味に上っている登山道が確認出来ます。

木の根元を一段上がり、右方向に30mほど登山道を進み、見上げるとカンマンボロンの梵字が木々の間からかすかに覗いています。これ以後、直立した岩壁から約30m離れた所に登山道がトラバース気味に登っています。

大岩の岩壁から離れて、木の根が張っている急傾斜の斜面を登ります。少し登ったところの右手側は、狭いトラバースとなっているので慎重に通過します。

カンマンボロンの取り付き点から10分ほど登るとアズマシャクナゲの群生地になります。ここも一つの参考地点になります。アズマシャクナゲの群生地を過ぎると、一気に傾斜が増してきます。

ロープが設置された岩場です。傾斜約25度で、高度感はありませんが、下山時にはありがたいロープです。

2番目のロープ場です。ここはやや傾斜が緩み、必ずしもロープは必要ではありませんが、思わぬ天候の変化時には有効となるでしょう。

続けて3番目のロープ場です。最初の1.5m くらいの岩を登るところに、足を掛けるスタンスが無く、ロープの存在は大変ありがたいです。

4番目のロープ場。岩をトラバースする所に付けられています。木の根に足を置きながら、ロープに掴まりトラバースします。

5番目のローブ場です。上りにはほぼ必要ありませんが、落ち葉などでスリップしやすいので下山時にはありがたいです。

連続したロープが設置された急斜面を登り上げると、大岩にはめ込まれた「←グリーンロッジ黒森、→みずがき山」と記載されたステンレス製の指導版が出てきます。

ルンゼ状の急斜面を登り上げると、小さな尾根に飛び出し、反対側の奇峰群が目の前に広がります。

小さな稜線からは、瑞牆山の特徴である奇峰群が見えて来ました。松の木の先に見えるのがロッククライミングで有名な大ヤスリ岩です。ここから松林の中を一旦下り、トラバースし、大ヤスリ岩の基部に向け登り上げます。

小さな稜線から少し下り、トラバースする所から右手方向を望むと、枯れ木や大小様々な岩が押し流された沢が目に入ります。もう少しトラバースし、左手側の斜面に取り付きます。

急斜面に取り付くと、このルート三つ目の指導標が木に付けられています。踏み跡程度の急斜面を登り、アズマシャクナゲの群落地の中を通過すると大ヤスリ岩の基部に到着です。

大ヤスリ岩の基部をペンキマークに従って回り込むと一般道(瑞牆山荘からのルート)へ合流します。一般道へ入るところにはロープが付けられて、カンマンボロンの登山道への進入を禁止しています。

瑞牆山荘ルートへ入ると、ゴールデンウィーク期間中という事もあって大勢の登山者が入山し、渋滞している箇所もあちらこちらで見られるほどです。ここから山頂までの詳細は瑞牆山荘ルートをご覧ください。

瑞牆山の登山情報を共有しましょう

瑞牆山 カンマンボロン(パノラマ)ルート地図

瑞牆山 カンマンボロン(パノラマ)ルート詳細情報

ルート みずがき山自然公園300m手前の駐車スペース(標高1,475mm)⇒カンマンボロン⇒瑞牆山(標高2,230m)
コースタイム 登山:みずがき山自然公園300m手前の駐車スペース⇒45分カンマンボロン取り付き点⇒10分(感動に浸る時間も含めて)カンマンボロン⇒10分アズマシャクナゲ群生地⇒55分大ヤスリ岩(瑞牆山荘ルート合流点)⇒25分瑞牆山 計2時間25分

下山:瑞牆山⇒みずがき山自然公園300m手前駐車スペース 1時間25分
駐車場 みずがき山自然公園無料大駐車場の詳細 【トイレ】あり
核心部 アズマシャクナゲ群生地から急登部のロープ場及びトラバース
難易度 [登山道(一般道)を10段階で表示 特に鎖場の岩登り] 4
飲料水必要量 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:0.95リットル、体重60kgの人:1.24リットル、体重75kgの人:1.53リットル
消費カロリー 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:1.780Kcal、体重60kgの人:2.315Kcal、体重75kgの人:2.849Kcal
燃焼脂肪量 5Kgの荷物を背負う場合のダイエット効果
体重45kgの人:0.254g、体重60kgの人:0.330kg、体重75kgの人:0.407kg
標高差 距離 2.1km 最大標高差 771m 平均斜度 全体:36.2% 上り:34.6% 下り:0% 獲得標高 上り:726m 下り:0m
山小屋 瑞牆山荘
登山口へのアクセス みずがき山自然公園へのアクセスの詳細はこちら

次はどこの山へ行こうかな。行きたい山がすぐに見つかる。

日本アルプス登山ルートガイド さんの Pinterest プロフィールにアクセスしましょう。

facebookもチェック

google+ページもチェック

Translate
百名山ライブカメラ

百名山ライブカメラ

更新情報を配信
広告

瑞牆山の天気

日本百名山の天気

瑞牆山地図

瑞牆山 地図

瑞牆山は
「26.金峰山・甲武信・奥秩父」に収録されています。
山岳保険
登山装備