日本アルプス登山ルートガイド-核心部のルート案内
Home北アルプス南アルプス中央アルプス八ヶ岳富士山百名山登山ガイド山小屋アルバイト

日本アルプス登山ルートガイド > 百名山と日本の山々 > 妙義山 > 中間道・石門めぐり

百名山百名山山小屋アクセス・交通機関高山植物きのこ温泉情報

栗駒山

吾妻山

磐梯山

安達太良山

那須岳

尾瀬

会津駒ヶ岳

燧ヶ岳

至仏山

武尊山

日光白根山

男体山

苗場山

巻機山

谷川岳

白山

妙高山

火打山

雨飾山

高妻山

四阿山

赤城山

浅間山

筑波山

妙義山

荒船山

両神山

雲取山

伊豆ヶ岳

御岳山

大岳山

高尾山

丹沢

箱根山・駒ケ岳

金時山

天城山

乾徳山

金峰山

瑞牆山

甲武信ヶ岳

西沢渓谷

大菩薩嶺



妙義山 中間道・石門めぐりハイキング

妙義山 中間道・石門めぐりハイキング概要

登山コース案内

中之嶽の中腹を巡る石門めぐりに出発です。妙義山は激しく浸食された角礫岩・凝灰岩・安山岩による山塊で、それらが奇岩・怪岩を作り出した景観は、まさに奇勝と呼ぶにふさわしく、中でも四つの大きなトンネル状の石門はハイライトといえます。

石門めぐりの登山口となる中之嶽神社無料駐車場は、トイレも完備し400台駐車が出来ます。

中之嶽神社無料駐車場から400mほど車道を歩いた所に、石門めぐり登山口があります。 登山口から登ると、いきなりの鎖場が現れますが、軽くウォーミングアップ程度です。大きなアーケードの様な第一石門をくぐり、二石門へと登っていきます。

第二石門を通過するには、「かにのよこばい」と呼ばれる所をトラバースし、トラバース終了地点からカニノテバリの登りです。共にさほど難易度は高く無く、なんとか登山初心者でも通過は可能と思われます。幅の狭い第二石門をくぐり、反対側へと下降して行きます。ここも鎖場になっていて約8mの下降です。

第二石門を通過すると、「片手さがり」と呼ばれる場所が現れます。「片手さがり」には二通りのルートがあり、トラバースしながらの下降と、そのまま直に下降するルートのどちらかを選択します。後者の方がやや難易度が低い様に感じられます。

「片手さがり」を降り切り、第三石門へと向かいます。第三石門は第三石門分岐から20mほど先にあり、さほどの見どころはありません。

第三石門分岐に戻り、第四石門へ向かいます。第四石門の前は、広い広場になっていて休憩する為の東屋が建っています。

第四石門から少し登った所から「天狗のひょうてい」と呼ばれる所へ向かいます。「天狗のひょうてい」の入り口と書かれた指導標に従い進むと、一旦下降し登り返します。登り返す直前のトラバース箇所を通過し、5mほどの鎖場を登ると「天狗のひょうてい」と呼ばれる展望台の様な岩が正面に見えます。ここから「天狗のひょうてい」への登りがやや難易度の高い所です。「天狗のひょうてい」に立つと、そこは絶好の展望台となっていて、大砲岩が真正面に見えます。 また、「天狗のひょうてい」横にある「胎内くぐり」にも挑戦してみてはいかがでしょうか。

「天狗のひょうてい」入り口に戻り、中間道を進みます。大岩壁のえぐられた所を歩き、さらに進んだ所では天上の岩に頭がぶつかりそうなほどです。長い鉄階段を降りる所では、右手側が切れ落ちている為、高度感を感じます。

中間道をさらに進むと、休憩ポイントの東屋、中間道中間地点の「本読みの僧」、第二見晴、大黒の滝などのスポットが次々と現れます。

辻(奥の院下の分岐)への分岐がある第一見晴からは急登りとなり、簡単な鎖場を通過し高度を上げます。過去に滑落事故のあった難所の鎖場は、やや高度感があり難易度が高い所です。ここを通過すれば辻まであと少しです。

石門巡りの概念図はこちら

※辻から妙義神社までは白雲山コースを参照してください。



すべての動画をyoutubeで見る



画像一覧

中之嶽神社無料駐車場 400台。大砲岩方面の奇岩群を望みます。ここまでバスはなく、JR信越線・松井田駅からタクシーで約25分 、上信電鉄・下仁田駅でタクシーで約25分です。

中之嶽神社無料駐車場の公衆トイレ。参拝者のためのもので、大変綺麗な水洗式トイレです。

中之嶽神社無料駐車場から県道196号線に出て、左手前方に中之嶽神社の赤い鳥居を見送り、約400m車道を歩いた所にある石門めぐり登山口。

登山口から出発。舗装された緩斜面を登って行きます。

最初の鎖場・かにのこてしらべ。 軽くウォーミングアップです。

大きな岩を敷き詰めた道を第一石門に向かいます。

第一第二石門への分岐(「下の分岐」とも呼ばれます。)。ここでは左手方向の第一石門に向かいます。右手方向は大砲岩への近道です。

第一石門。巨石の中にぱっくりと大きな穴を開けています。

第一石門をくぐって撮影。

上部に見える第二石門に向かいます。そそり立った岩に縦に細長く穴が開いています。

第二石門の下にあるトラバース(かにのよこばい)。スタンスは十分にあり、谷側の傾斜も緩く、あまり高度感は感じません。

トラバース終了地点からカニノタテバリの登りです。ちょっとしたスリルを楽しみながら登ります。

第二石門のカニノタテバリ。樋状になった中央に鎖が設置されています。左右の岩に足を架けるところが沢山あるので、登山初心者でもさほど難しさを感じないと思います。

カニのたてばりを登りきり、第二石門をくぐり、反対側への下降します。

第二石門をくぐり、下降の底に降り立ちようとしている山ガール。

第二石門をくぐり、振り返る。小さな穴が縦に割れているのが見えます。

第二石門を通過して、片手さがりを降ります。

片手さがりには二通りのルートがあり、こちらは左手にトラバースしながらの下降します。草付きの斜面であまり高度感はありません。

片手さがりのもう一つのルートはそのまま真直ぐに下って行きます。こちらの方が傾斜はきついですが、それでも難しいところではありません。

片手さがりを降り切り、登り返して第三石門へ向かいます。下の分岐からの道を右手から合わせ、大きな岩がゴロゴロした比較的緩斜面を登ります。

「上の分岐」第三石門への分岐です。左手奥3分ほどのところにあります。

第三石門は左手奥にあります。確認するだけでピストンして、上の分岐まで戻ります。

上の分岐から2、3分のところに第四石門があります。第四石門の中に大砲岩が見えています。休憩舎のある石門広場南端の岩場より見下ろす奇景は「日暮の景」と呼ばれます。

第四石門から天狗のひょうていへ向かいます。

「天狗のひょうてい」への入り口。

「天狗のひょうてい」への入り口。短い痩せ尾根を進みます。

写真の右手側に僅かに映る「天狗のひょうてい」へ向かいます。

一旦下降して鞍部に降り、登り返します。ここも鎖場になっていますが、難易度は高くはありません。

鞍部からの登り返し。急な岩場に付けられた鎖を頼りにトラバース気味に登ります。 トラバース後、テラスになった部分で一休み出来ます。

前の写真の登った所から「天狗ノ評定」を撮影。

「天狗ノ評定」。3メートルほどの垂直の岩壁を登るところがやや難しいです。岩上から眺めは絶景で、大砲岩が目前に見えます。

大砲岩。文字通り大砲の形をしています。大砲岩へ登ることが出来るようですが、今回は登りませんでした。

「天狗のひょうてい」横の胎内くぐり。かなりきわどい所を進まなければなりません。岩の真ん中に穴が開いてくぐる事が出来ますが、びびってしまって胎内くぐりわは体験しませんでした。

「天狗のひょうてい」入り口に戻り、中間道を進みます。今回は、第1見晴から奥の院下の辻まで行き妙義神社へ下るルートを辿ります。

金洞山の鷹戻し直下の大岩壁の基部で、頭上を岩のひさしが覆う様にオーバーハングした所を歩きます。

更に進んだ所。谷側は鋭く切れ落ちていますが、手摺りが付いているので安心して通過出来ます。

さらに進むと、岩をえぐった様に付けられた登山道となり、頭がぶつかりそうです。

切り立った岩壁の基部の通過が終わると、数十メートルと続く両側に手摺の付いた階段を降ります。痩せた岩稜の右手側は切れ落ちていて高度感があります。

ホッキリ入り口(黒滝)を過ぎ、九十九折の道を進みます。県道196号線の金鶏橋へ至るルートを右に分ける所に建つ東屋。ここでしばしの休憩を取ります。

林間のトレイルを進むと中間道中間地点にある「本読みの僧」。自然石の石仏です。

第二見晴分岐。ワタルキ沢出合を左手に見送り、沢を巻き込む所では鉄パイプに手摺が設置された所があります。第二見晴分岐から1分ほどのところに第二見晴があり、金鶏山や中之岳の眺望があります。

第二見晴分岐から小さな沢を鉄橋で渡り、岩壁の基部をトラバースしながら進むと、左手に落差5メートルほどの「大黒の滝」に着きます。

第一見晴 辻(奥の院)への分岐。このまま難易度の低いルートを進み、妙義神社まで行くことも可能ですが、今回は難易度の高い奥の院方面へ向かいます。

奥の院への登り。岩の露出した痩せ尾根を登ります。1箇所右手側に「大の字」が見えるところがあります。

簡単な鎖場を通過します。この岩場を超えると、難所の鎖場に到着です。

過去に何度か滑落事故のあった難所の鎖場です。中間道の中では最も難易度が高いと思われます。(大砲岩分岐から先の部分は除く)

切りたった岩壁をトラバース気味に鎖に掴まり降ります。やや高度感があります。

鎖場を下り切って振り返って撮影。スタンスが浅く、鎖がなければとても降りられません。ここから奥の院下の辻まで難所はなく、10分ほどで到着します。妙義神社から辻までの間は白雲山ルートをご覧ください。

妙義山の登山情報を共有しましょう

妙義山 中間道・石門めぐりハイキング地図

妙義山 中間道・石門めぐりハイキング詳細情報

ルート 中之嶽神社駐車場(標高706m)⇒石門入口⇒第一石門⇒第二石門⇒第三石門⇒第四石門⇒大砲岩分岐⇒天狗の評定⇒大砲岩分岐⇒金鶏橋分岐⇒本読みの僧⇒第二見晴⇒第一見晴⇒辻⇒妙義神社鳥居
コースタイム 一周: 5時間20分
駐車場 中之嶽神社駐車場無料駐車場 (約全400台)
核心部 天狗の評定、 第一見晴⇒辻間の鎖場
難易度 [登山道(一般道)を10段階で表示 特に鎖場の岩登り] 石門めぐり5.5 、ただし天狗の評定へ行かない場合は4.5 、 第一見晴⇒辻間の鎖場6
飲料水必要量 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:1.33リットル、体重60kgの人:1.73リットル、体重75kgの人:2.13リットル
消費カロリー 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:2.478Kcal、体重60kgの人:3.222Kcal、体重75kgの人:3.968Kcal
燃焼脂肪量 5Kgの荷物を背負う場合のダイエット効果
体重45kgの人:0.353kg、体重60kgの人:0.461kg、体重75kgの人:0.569kg
標高差 距離 5.4km 最大標高差 413m 平均斜度 全体:-3.9% 上り:17.6% 下り:22.7% 獲得標高 上り:395m 下り:602m
山小屋 無し
登山口へのアクセス 中之嶽神社へのアクセスの詳細はこちら

次はどこの山へ行こうかな。行きたい山がすぐに見つかる。

日本アルプス登山ルートガイド さんの Pinterest プロフィールにアクセスしましょう。

facebookもチェック

google+ページもチェック

Translate
百名山ライブカメラ

百名山ライブカメラ

更新情報を配信
広告

妙義山の天気

日本百名山の天気

妙義山地図

妙義山 登山地図

妙義山は
「21.西上州・妙義山・荒船山」に収録されています。
山岳保険
登山装備