日本アルプス登山ルートガイド-核心部のルート案内
Home北アルプス南アルプス中央アルプス八ヶ岳富士山百名山登山ガイド山小屋アルバイト

日本アルプス登山ルートガイド > 百名山と日本の山々 > 高尾山 > 稲荷山コース

百名山百名山山小屋アクセス・交通機関高山植物きのこ温泉情報

栗駒山

吾妻山

磐梯山

安達太良山

那須岳

尾瀬

会津駒ヶ岳

燧ヶ岳

至仏山

武尊山

日光白根山

男体山

苗場山

巻機山

谷川岳

白山

妙高山

火打山

雨飾山

高妻山

四阿山

赤城山

浅間山

筑波山

妙義山

荒船山

両神山

雲取山

伊豆ヶ岳

御岳山

大岳山

高尾山

丹沢

箱根山・駒ケ岳

金時山

天城山

乾徳山

金峰山

瑞牆山

甲武信ヶ岳

西沢渓谷

大菩薩嶺



高尾山 稲荷山コース

高尾山稲荷山コース概要

登山ツアー情報

高尾山登山ツアー

東北・関東・甲信越・名古屋・関西・九州発: 高尾山登山ハイキングツアー

登山コース案内

稲荷山ルートは高尾山の南面の尾根を登り稲荷山を経由するルートで、高尾山ケーブルカー乗り場近くから登山道が始まります。
登山口から急な木製の階段を上ると小さな祠の旭稲荷です。 旭稲荷の前は広場となっていて小休止できる場所です。この付近にはシモバシラという植物が生息しています。氷点下になると茎の表面に文字通り霜柱の様な氷の結晶が現れます。

樹林帯の中を登りますが、登山道は南面の尾根上にあり、ルートのほとんどで日差しが入るため、明るく快適です。4月から5月には足元に、10センチほどの背丈の白い花に混じって赤い花を咲かせるセンボンヤリ、8月から9月にかけて淡い紫色から白っぽい花を咲かせるツルリンドウ、煙管の雁首に似ている黄色い花のガンクビソウなどを目にします。

稲荷山直前で登山道の傾斜は一気に増し、木製の階段を登り上げた所が、あずま屋、公衆トイレが建つ展望台です。 展望台からは東京方面の展望が開け、新宿の高層ビル群の先に東京スカイツリーも確認できます。
あずま屋の近くに稲荷山山頂がありますが、明確なピークは無く、それと分る場所を確認することはできません。

展望台で小休止したら出発です。傾斜の緩い尾根道を進み、木道を登るとベンチが設置された平坦地で、休憩ポイントになっています。

コナラの大木が所々に生える辺りから木道を少し下った所が右手から6号路が合流する場所です。その後、やや傾斜が増した登山道を登ると5号路と交差する地点に到着します。ここは広い平坦地となっていて、多くの登山者がベンチに座り一休みしています。

ここから約200段の木製の階段を登れば高尾山山頂です。


画像一覧

高尾山ケーブルカー清滝駅の真向いが稲荷山コースのスタート地点で、案内図が設置されています。標高差399Mの広い尾根道を登る。

高尾山の南面の尾根を登るルートで、高尾山ケーブルカー清滝駅乗り場近くから急傾斜の階段で登山道がはじまります。ここを右手方向に進めば琵琶湖滝コース(6号路)です。

旭稲荷の前の広場。ここから尾根の南面をゆっくりと登っていきます。

旭稲荷。稲荷山の名前の由来になった小さな神社です。

樹林帯の中の登りですが、登山道は南面の尾根にあるためルートのほとんどで日差しが入ります。登山道には太い木の根が張り出し、濡れているときは滑るので注意が必要です。

稲荷山に向かいます。尾根の北側は、針葉樹林帯が広がっていて、南側は落葉広葉樹林が広がっています。

展望台(あずま屋)では、眼下に八王子市街が広がり、遠景に新宿副都心の高層ビル群が確認できます。 近くに稲荷山山頂(標高396M)がありますが明確なピークではありません。この近くにトイレがあります。

稲荷山コースは広々とした尾根を歩きます。

よく整備された木道を上ります。

ここを登れば平坦地へ出ます。樹林帯の中ですが、日の光が差し込み、明るい登山道です。

ベンチが設置された休憩ポイントです。ここから少し進むと、木製の立派な階段を下って行きます。

木道を下ったところに6号路分岐があります。

6号路分岐。右へ向かえば6号路へ入ります。ここから10分ほど急坂を登ると階段が現れます。

5号路と交差する地点にはベンチが設置されています。山頂までは正面の急な階段を上ればあと少しです。

200段を超える急な階段を登った先に高尾山山頂の南端に飛び出します。

十三州見晴台と呼ばれる山頂に飛び出すと、右方向に向かうと599.2mを示す三角点が、左手方向にはビジターセンターがあります。山頂のもみじが紅葉しています。高尾山山頂の様子は1号路をご覧ください。

高尾山の登山情報を共有しましょう

高尾山稲荷山ハイキングルート地図

高尾山稲荷山コース詳細情報

ルート 清滝駅(標高201m)⇒稲荷山(標高396m)⇒高尾山(標高599m)
コースタイム 登山:高尾山ケーブルカー清滝駅⇒高尾山 1時間30分
下山:高尾山⇒高尾山ケーブルカー清滝駅 1時間10分
飲料水必要量 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:0.67リットル、体重60kgの人:0.86リットル、体重75kgの人:1.06リットル
消費カロリー 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:1.237Kcal、体重60kgの人:1.608Kcal、体重75kgの人:1.979Kcal
燃焼脂肪量 5Kgの荷物を背負う場合のダイエット効果
体重45kgの人:0.177kg、体重60kgの人:0.230kg、体重75kgの人:0.283kg
標高差距離 3.1km 最大標高差 384m 平均斜度 全体:12.6% 上り:13.1% 下り:2% 獲得標高 上り:367m 下り:3m
核心部 難しい所はありません。
難易度 [登山道(一般道)を10段階で表示 特に鎖場の岩登り] 1
登山口へのアクセス 稲荷山登山口までのアクセスの詳細はこちら

次はどこの山へ行こうかな。行きたい山がすぐに見つかる。

日本アルプス登山ルートガイド さんの Pinterest プロフィールにアクセスしましょう。

facebookもチェック

google+ページもチェック

Translate
百名山ライブカメラ

百名山ライブカメラ

更新情報を配信
広告

高尾山の天気

日本百名山の天気

高尾山地図

高尾山 地図

高尾山は
「27.高尾・陣馬」に収録されています。
山岳保険
登山装備