日本アルプス登山ルートガイド-核心部のルート案内
Home北アルプス南アルプス中央アルプス八ヶ岳富士山百名山登山ガイド山小屋アルバイト

日本アルプス登山ルートガイド > 百名山と日本の山々 > 高妻山>弥勒尾根新道から高妻山〜乙妻山

百名山百名山山小屋アクセス・交通機関高山植物きのこ温泉情報

栗駒山

吾妻山

磐梯山

安達太良山

那須岳

尾瀬

会津駒ヶ岳

燧ヶ岳

至仏山

武尊山

日光白根山

男体山

苗場山

巻機山

谷川岳

白山

妙高山

火打山

雨飾山

高妻山

四阿山

赤城山

浅間山

筑波山

妙義山

荒船山

両神山

雲取山

伊豆ヶ岳

御岳山

大岳山

高尾山

丹沢

箱根山・駒ケ岳

金時山

天城山

乾徳山

金峰山

瑞牆山

甲武信ヶ岳

西沢渓谷

大菩薩嶺



弥勒尾根新道から高妻山〜乙妻山

弥勒尾根から高妻山〜乙妻山コース概要

登山ツアー情報

高妻山登山ツアー

東北・関東・東海・関西発:
高妻山登山ツアー

登山コース案内

戸隠牧場から五地蔵山近くの六弥勒へ通じる弥勒尾根新道ルートは、長野市が2014年6月6日付けで正式に北信森林管理署から借受け、整備を行いました。それまで昭文社の「山と高原地図」では破線扱いのルートでしたが、現在では整備が進んだ事で危険箇所はなく、大変歩きやすいのが特徴です。一方で、樹林帯の中の急登で退屈する一面もあります。

登山口となる戸隠バードラインの戸隠キャンプ場には長野バスターミナルから1日9〜11本のバスが通じています。マイカーの場合には戸隠バードライン沿いの無料駐車場に停めることになりますが、戸隠牧場の入口近くに約20台の駐車場があります。戸隠キャンプ場を使用する場合には無料になりますが、登山者は一日500円支払えば使用出来ます。土日を除きほとんど空いているので、無料で停められそうですが保証は出来ません。

6月10日時点の様子を紹介します。牧場のゲートを抜けると、ブナ、ヤマモミジ、トチノキ、サワラなどの樹林帯になります。所々で緩斜面になるもののほぼ急登が五地蔵山近くの六弥勒分岐まで続きます。五地蔵山近くになると展望が開け、妙高山火打山・焼山などの頸城三山が右手前方にはっきりと見えてきます。振り返ると飯縄山や黒姫山もほぼ目線の高さに見えます。

六弥勒で戸隠山からのルートを合わせ、七薬師、八観音、九勢至が祀られた小ピークを通過すると、森林限界を超えた登山道沿いには、紫色や数は少ないが白色のタイプのシラネアオイが彩りを添えています。

八丁ダルミの鞍部から十阿弥陀が祀られた高妻山南端までの区間は根曲り竹を切り開いた登山道が一直線に登り上げます。6月上旬時点で、前年の雪によって土砂崩れを起こした部分もありますが、概ね安全に登ることが出来ます。5月までは残雪が残るので、12本歯アイゼンとピッケルを使っても斜度35度を超える斜面もあるのでかなり難易度が上がると思います。

急な登りが終わると稜線上の平坦な道が現れてきます。安山岩が累々と重なった岩場が100メートルほど続く南端に十阿弥陀が祀られ、北端に道標の立つ高妻山山頂があります。

高妻山から乙妻山の往復は1時間30分を見れば大丈夫です。高妻山山頂と十一阿しゅく間にはギャップがあり、西側は、鋭く切れ落ちています。高度感はあるものの山側を辿れば安全に通過出来ます。登山道のササは刈り取られルートははっきりしています。6月上旬では十二大日の道標が立つ「熊の平」は残雪ですっかり覆われています。残雪の中を乙妻山へ真っ直ぐ進み、低木化したダケカンバとハイマツの間を登り上げると小さなスペースがある乙妻山山頂に到着します。山頂には13番目の仏である十三虚空蔵(虚空蔵菩薩)の石祠が祀られています。

山頂からは360度の展望が開けて、北アルプス、頸城三山、雨飾山が取り囲むように見え、鋸の歯の様なギザギザな山容の本院岳・西岳の戸隠山へ伸びる稜線が間近に見えます。乙妻山から望む高妻山はピラミダルな形で荒々しく峻立しています。


弥勒尾根から高妻山〜乙妻山コースの「高山植物」


シラネアオイ

ショウジョウバカマ

ハクサンイチゲ

カタクリ

サンカヨウ

画像一覧

戸隠キャンプ場。長野県道36号信濃信州新線沿いに公衆トイレ、公共の無料駐車場があり、戸隠高原ウェルカムハウス内でキャンプの受付、観光案内、お土産品の販売などが行われています。

戸隠キャンプ場公共無料駐車場。長野県道36号を挟んで戸隠高原ウェルカムハウスの真向いあります。100台以上駐車可能です。登山者はここに駐車します。

長野バスターミナルと戸隠キャンプ場間にアルピコ交通(川中島バス)が一日9〜11本運行されています。所要時間1時間17分。

戸隠牧場駐車場。戸隠キャンプ場ウェルカムハウスから約15分ほど歩くと約20台の駐車場があります。基本的に戸隠キャンプ場使用者は無料ですが、登山者は一日500円かかります。平日は無料開放している様子ですが、確証は取っていません。

戸隠牧場のゲートを入り、右手に管理等があります。登山届は、ここに出します。遠景に右手から五地蔵山から戸隠山の九頭龍山へ連なる稜線です。オートキャンプ、バンガロー、コテージなどの宿泊施設。ふれあい動物園、乗馬体験、川遊び魚釣り、昆虫教室などのアウトドアが楽しめます

戸隠牧場の北西端を北東方面に進みます。菜の花の先に見える五地蔵山へ向かって伸びる弥勒尾根に取り付きます。弥勒尾根ルートは、長野市が2014年6月6日付けで正式に北信森林管理署から借受け、整備をしました。

戸隠牧場管理事務所から牧場内を15分ほど歩くと弥勒尾根登山口になります。白いものが撒かれていますが、登山靴に着いた細菌などを殺菌するための消毒剤です。

樹林帯の中に入ると、ブナやサワラ、トチノキの原生林や杉の大木の間を急登します。1時間ほど登ると一旦平坦地になり、再度急登になります。その間、展望が効かずひたすら高度を稼ぐことに専念します。

1時間ほど登った所で灌木帯となり、笹が茂る斜面になり振り返ると展望が開けています。この斜面を登り上げると一旦平坦地となり、再び灌木帯の急登になります。

灌木帯の中の斜度30°ほどの斜面に鎖が整備された所が3ヶ所出てきます。3箇所すべての鎖場において、スタンスは豊富で、高度感はないので問題ません。下山時のスリップ防止のために付けられたものでしょう。

3箇所の鎖場を登り切ると完全に展望が開けてきます。最後の急坂を登り上げると六弥勒(五地蔵山)において戸隠山の一つ九頭龍山からのルートと合流します。

前写真の位置から振り返ると飯縄山(飯綱山)がよく見えます。飯縄山の山腹には戸隠スキー場、左手下方に青く光る湖は「古池」で、5月中旬にはミズバショウ、5月下旬には湿地や浅い水中に生えるミツガシワが白い花を咲かせます。

登山道から右手前方には頸城三山の一つ妙高山が雲間から山頂が覗いています。その左手にはまだ多くの残雪を頂いた火打山が見えています。右手の黒姫山と頸城三山、高妻山によって作られた三角形状のくぼ地は「笹ヶ峰」で、火打山への登山口になっている場所です。

東方面を望むと黒姫山が見えます。コニーデ型火山の山容を持ち、オオシラビソ・コメツガの原生林に覆われた登山道は趣深く、標高2053メートルで、森林限界を超えていないとはいえ、山頂部からの展望は優れています。

六弥勒が祀られた分岐点。八方睨から九頭龍山、そして、五地蔵山へと連なる戸隠表山の稜線が、この場所で90度北西側に方向を変え高妻山に至ります。五地蔵山はこの分岐から1分ほど南に歩いた所にあります。

標高1998メートルのピークにひっそりと置かれた六弥勒の石祠。石祠の中に奉納された木札には平成22年熊野修験 奉修行信濃国高妻山入峰天下泰平如意祈修 7月吉祥日 那智山青岸渡寺と銘があります。熊野三山(熊野の本宮・新宮・那智の3社)を信仰している修験者によるものであろう。

六弥勒が祀られた分岐点から20mほど下り、登り返した所が七薬師です。七薬師が祀られた小ピークから右手方向に見える小ピークに八観音が祀られています。

木の根元に安置された七薬師の石祠。この石祠内にも六弥勒に奉納されたと同じ熊野修験と銘のある木札があります。

七薬師から望む八薬師の小ピークとその左手奥に高妻山が大きく見えてきます。根曲がり竹を切り開いた道をゆっくり下り、登り返します。

八薬師が祀られた2053mピークへの登り返しは、痩せ尾根の岩場の急登です。灌木帯を抜け、ダケカンバ・ツガの森を超えると笹の脇にうずもれた八薬師があります。

八薬師(八観音)が祀られた2053mピーク。根曲がり竹の中にうずもれた様に安置された石祠は壊れて見る影がありません。

高妻山が大きく迫ってきます。しかしここから更に300mの標高差を登らなければなりません。八薬師(八観音)から残雪の脇を30メートルほど下り、登り返した所が九勢至の石祠がある小ピークです。高妻山の山頂は正面の丸く見えるピークより更に狭い稜線を7分ほど進んだ先にあります。

八薬師(八観音)から30メートルほど下り、僅かに登り返した所に九勢至の石祠が祀られた小ピークです。九勢至の石祠の中にも六弥勒・七薬師・八薬師と同様に平成22年 熊野修験と銘のある木札がありました。

九勢至の石祠から緩やかに下った所が八丁ダルミの鞍部です。シラネアオイロードと呼ばれるにふさわしく、紫色や白色のタイプのシラネアオイが登山道の両脇を埋め尽くしています。花期は6月上旬から中旬まで。

八丁ダルミから望む戸隠山。クマザサに覆われた登山道の左側が急激に落ち込んだ所があるので、できるだけ山側を歩き、道を踏み外さない様に注意します。

八丁ダルミの鞍部から根曲り竹を切り開いた道を登ります。写真では分りにくいですが、山頂直下の15分間は、斜度35度ほどの足場の悪い急登になります。

ダケカンバの疎林の登山道は前年の雪によって崩壊し、滑りやすくなっています。山頂直下になると一枚岩の急坂や岩がガラガラした沢状の足場の悪い急坂です。

高妻山の肩とも呼べる稜線上の平に唐突に飛び出します。100メートルほど先に見える小ピークは、まだ山頂ではなく、短い岩場を越えた先にあります。

累々と折り重なった安山岩の岩場の100メートルほど先に高妻山山頂が見えて来ました。この位置は十阿弥陀が祀られた南側の頂になります。

十阿弥陀。阿弥陀如来と文久2年(1862)の銘がある御鏡が祀られています。高妻山、乙妻山には一不動から十三虚空蔵(こくうぞう)までに十三仏を祀っています。

三角点のある北端は、戸隠連峰の最高峰である標高2353mの高妻山山頂。眼下の標高の低い山並みは奥西山で、その山腹に水芭蕉の群生地で有名な奥裾花自然園があり、その先に後立山連峰の白馬岳を中心とした山域がよく見えます。

高妻山山頂から乙妻山(おとつまやま)を望む。遠景に右手から妙高山、火打山、焼山、金山、左端に雨飾山へと連なっています。西の方面には西岳へ連なるギザギザした山容が特徴的な戸隠山の稜線が見えます。

高妻山から乙妻山へ向かいます。北端からギャップを超えます。灌木の急坂を下り、岩壁の脇を登り返します。往復はそれぞれ40分ほど見ておけば大丈夫です。右端に火打山、その左に焼山、金山、雨飾山と、まだ、多くの残雪をいただいた頸城三塊が峰々を連ねています。

高妻山北端から灌木を下り、鞍部から振り返る。写真には写っていませんが、途中にある2、3メートルの高さの岩場はやや高度感もあり危険です。荒々しい岩壁が西側に鋭く切れ落ちています。

鞍部からの登り返し。最初は低木化したダケカンバとハイマツの間を登り、上部で左手側が鋭く切れ落ちたスラブ状の岩場を越え、小ピークの直下で右手側に回り込みます。

ギャップ鞍部からの登り返しは左手側が切れ落ちています。斜度は30度ほどでややきついですが、ダケカンバやハイマツがあるので高度感はさほど感じません。

登り返しの上部はスラブ状の岩場で、幅1メートルほどあります。山側を登れば問題ありませんが、所々に浮石があり、スリップ転倒して谷側に落ちれば命はありません。山頂直下で右手側にトラバース気味に回り込みます。

スラブ状の岩場を登り切った所から高妻山山頂を振り返る。荒々しい雰囲気を見せる山容で、表裏の違いに驚かされます。5月までの残雪期には大変危険な通過になります。

ギャップから登り返してトラバースし、少し登った所の小ピークに十一阿しゅくの石祠が祀られています。阿しゅく如来は、七回忌のご本尊で、向上心を起こすこと、悟りを目指す揺るぎない気持ちを持ち、不動の菩提心と三毒(貪・瞋・痴)の心を鎮めてくれるといわれる仏です。

十一阿しゅくの石祠近くの稜線に咲くハクサンイチゲ。遠景に白馬岳、唐松岳、五竜岳、鹿島槍ヶ岳へと続く北アルプスの最北部に位置する後立山連峰がよく見えます。

6月10日時点における登山道のクマザサは切り払われて、十分整備は出来ていました。低木化したダケカンバやハイマツ、キバナシャクナゲの間の稜線からは展望が良好です。

高妻山と乙妻山の最低鞍部が日本庭園の熊の平。残雪の中を進みます。傾斜は緩いのでアイゼンの必要はありません。残雪が消えると鞍部には小さな湿原が出現し、様々な高山植物が咲きます。その脇に十二大日の道標が現れます。

残雪が消えると現れる日本庭園の熊の平からピラミッドの形をした高妻山を振り返る。

雪渓を抜けダケカンバとハイマツの混じった山腹を登って行きます。右手側(北側)の斜面には広範囲にシラネアオイが群落を作っていました。

小さな乙妻山山頂の一角に十三虚空蔵(虚空蔵菩薩)の石祠が祀られ、山頂を示す道標が立てられています。遠景に残雪が多い北アルプスの後立山連峰が連なって見えます。

乙妻山山頂から望む高妻山。ピラミダルで厳しい姿に望めます。高妻山山頂北側のギャップは稜線が重なって見えません。

標高2318mの乙妻山山頂(おとづまやま)。最後の仏である十三虚空蔵(虚空蔵菩薩)の石祠が祀られています。遠景に左手から雨飾山、金山、焼山、火打山の順に見えています。山名に付けられた「乙」は高妻山に対して「第2」を意味しています。

乙妻山山頂から北側に伸びる稜線の先に地蔵山と神道山、そしてその遠望に聳えるのが頸城三山(右手から妙高山、なだらかな稜線を描くように火打山へと続き、大きなギャップを作って焼山)。

高妻山の登山情報を共有しましょう

高妻山登山地図


弥勒尾根から高妻山〜乙妻山こース詳細情報

ルート 戸隠キャンプ場 (標高1,117m)⇒五地蔵山(六弥勒)(標高1998m )⇒七薬師 (標高1,979m)⇒八観音 (標高2,053m)⇒九勢至 (標高2,049m)⇒十阿弥陀 (標高2,350m)⇒高妻山 (標高2,353m)⇒十一阿しゅく (標高2,317m)⇒十二大日(熊の平) (標高2,245m)⇒乙妻山 (標高2,318m)
コースタイム 戸隠キャンプ場⇒高妻山 3時間30分 高妻山⇒乙妻山 40分 合計 4時間10分
乙妻山⇒高妻山 45分 高妻山⇒戸隠キャンプ場 2時間55分 合計 3時間40分
駐車場 戸隠キャンプ場(戸隠バードライン沿い)に無料駐車場 (100台)、【トイレ、水道】あり
核心部 難しい箇所はありません
難易度 [登山道(一般道)を10段階で表示 特に鎖場の岩登り] 戸隠キャンプ場〜高妻山 2 高妻山〜乙妻山 3
飲料水必要量 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:1.957リットル、体重60kgの人:2.544リットル、体重75kgの人:3.132リットル
消費カロリー 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:3.640Kcal、体重60kgの人:4.733Kcal、体重75kgの人:5.825Kcal
燃焼脂肪量 5Kgの荷物を背負う場合のダイエット効果
体重45kgの人:0.520kg、体重60kgの人:0.676kg、体重75kgの人:0.832kg
標高差 距離 7.4km 最大標高差 1179m 平均斜度 全体:15.4% 上り:22.9% 下り:7.9% 獲得標高 上り:1259m 下り:131m
山小屋 一不動避難小屋
アクセス(戸隠キャンプ場 )
JR長野駅バスターミナル⇔戸隠キャンプ場 アルピコ交通1時間17分 1400円 一日10本
温泉
戸隠神告げ温泉湯行館
電話026−254−1126 戸隠神社中社の近くにあり、露天風呂無しですが休憩施設は充実しています。入浴料600円、営業時間:午前9時から午後8時30分

次はどこの山へ行こうかな。行きたい山がすぐに見つかる。

日本アルプス登山ルートガイド さんの Pinterest プロフィールにアクセスしましょう。

facebookもチェック

google+ページもチェック

Translate
百名山ライブカメラ

百名山ライブカメラ

更新情報を配信
広告

高妻山 の天気

日本百名山の天気

高妻山 地図

高妻山 地図

高妻山は
「18.妙高・戸隠・雨飾」に収録されています。
山岳保険
登山装備