日本アルプス登山ルートガイド-核心部のルート案内
Home北アルプス南アルプス中央アルプス八ヶ岳富士山百名山登山ガイド山小屋アルバイト

日本アルプス登山ルートガイド > 百名山と日本の山々 > 谷川岳 > 西黒尾根

百名山百名山山小屋アクセス・交通機関高山植物きのこ温泉情報

栗駒山

吾妻山

磐梯山

安達太良山

那須岳

尾瀬

会津駒ヶ岳

燧ヶ岳

至仏山

武尊山

日光白根山

男体山

苗場山

巻機山

谷川岳

白山

妙高山

火打山

雨飾山

高妻山

四阿山

赤城山

浅間山

筑波山

妙義山

荒船山

両神山

雲取山

伊豆ヶ岳

御岳山

大岳山

高尾山

丹沢

箱根山・駒ケ岳

金時山

天城山

乾徳山

金峰山

瑞牆山

甲武信ヶ岳

西沢渓谷

大菩薩嶺



谷川岳 西黒尾根ルート

谷川岳・西黒尾根登山ルート概要

登山ツアー情報

谷川岳登山ツアー

北海道・東北・関東・東海・関西・中国・九州・沖縄発: 谷川岳登山ツアー

登山コース案内

谷川岳ロープウェイ土合口から車道を歩くと登山指導センターがあり、水場、登山届、トイレなどが完備されています。 さらに車道を5分ほど登ると西黒尾根登山口です。

西黒尾根コースは、1931年(昭和6年)にJRの清水トンネルが出来ると、交通の便が一気に良くなり、夜行列車を利用した登山者が列を成すほどのメインコースでした。 谷川岳ロープウェイが出来ると人気は天神尾根ルートに取って代わりましたが、北アルプス烏帽子岳のブナ立尾根南アルプス甲斐駒ケ岳の黒戸尾根と並ぶ日本三大急登の一つとして現在でも根強い人気のあるルートです。

登山口から樹林帯の中の単調の急坂が2時間ほど続きます。

樹林帯を抜けた辺りから西黒尾根は次第に稜線が狭くなり、同時に素晴らしい展望が開けてきます。
西黒尾根と東尾根との間に作られた絶壁に、東方向に刻まれたマチガ沢の絶景は、このコースの醍醐味です。

稜線が狭くなると同時に、岩場の傾斜が増し、「ラクダの背」と呼ばれる小ピークの下に三か所の鎖場があります。
特に最初に現れる鎖場が核心部で、8mほどの長さがありますが、高度感はさほどなく、難易度は高くありません。 しかし、岩がツルツルして滑るため下山時は要注意です。

三か所の鎖場を登り切ると「ラクダの背」に到着します。「ラクダの背」はザックをおろして休めるほどの広さがあり、しばらく谷川岳のトマノ耳とオキノ耳の絶景を楽しんでから出発します。

「ラクダの背」から少し下った所を「ガレ沢のコル」と呼び、ここで右方向に巌剛新道を分けます。 「ガレ沢のコル」から稜線を進み、少し登った所からごつごつした岩場の登りになります。 岩場には長い鎖が架かっていますが、傾斜は緩く高度感はありません。

岩場を登り切ると再び谷川岳のオキノ耳、トマノ耳が姿を見せ、左上にはザンゲ岩が見えてきます。 狭い岩場の稜線を進み、ザンゲ岩下部にあるツルツルと滑る一枚岩を慎重に登ると、山頂はあと少しです。

十字架の様に見えるケルンの上に作られた指導標が見えると、長かった西黒尾根も終わりです。
ケルンの下に立つ西黒尾根指導標の看板には、「初心者下山不向き、中級者以上(健脚者向き)」と書かれています。

※ここから先は天神尾根ルートをご覧ください。


谷川岳の氷河地形

西黒尾根のザンゲ岩のすぐ下に氷河の跡と呼ばれる一枚岩があります。その岩に同じ方向に削られたキズが出来ています。擦痕と呼ばれるこのキズは、氷河と共に流れる岩が付けたものであることが判明しています。又、一ノ倉沢・マチガ沢・幽ノ沢には氷河によって削り取られた堆積物の高まりであるモレーンが確認されています。最近の研究により、谷川岳に氷河が存在した事は間違いない事実となっています。


画像一覧

谷川岳ロープウェイから車止めのゲート脇を通過し、一ノ倉沢へ向かう舗装道路を数分歩いた所に登山指導センターがあります。 水場、登山届、トイレがあります。

谷川岳登山指導センターの水場。群馬県谷川岳遭難防止条例に基づいて設置された施設で、開設期間は2月中旬から11月下旬で、午前5時〜午後8時まで4人の登山指導員が交代で勤務しています。登山についての質問は0278・72・3688へどうぞ。

谷川岳登山指導センターから車道を歩き、最初のカーブで遭難慰霊碑を見送り、5分ほど上がると西黒尾根登山口に指導標が立っています。標高差約1200m、山頂までは約5時間のコースタイムです。

ブナやナラの樹林帯の登りが約2時間続きます。登山口から15分ほど登ると送電線の鉄塔がある広場に着きます。登山道沿いの林床には、初夏になるとムラサキヤシオツツジの紫色の花やエゾアジサイなどの花が見られます。

ブナの原生林の中の単調の急坂が続きます。西黒尾根は日本三大急登の一つに数えられています。夏の暑い時期は、標高が低いので汗が噴き出す登りです。シャクナゲを目にする辺りで長い樹林帯を抜けます。

樹林帯を抜けると、灌木帯の中に大きな岩がゴロゴロした岩稜の登りになります。ここから展望が開け、爽快な登山が始まります。少し登った所から鎖場が始まります。

ここから3箇所の鎖場が連続します。左斜め上方に登りますが、難易度は低い鎖場です。

鎖場の真下から見上げる。傾斜は緩くスタンスは豊富なので高度感はなく登りやすい岩場です。ここから様子は見えませんが、鎖場は左斜め上方に続いています。岩が滑るため下山時要注意です。

鎖場を登り切った所から撮影。鎖場の上部は更に傾斜が緩み、鎖を使うまでもありません。黄色く紅葉したダケカンバが美しいです。

鎖場を登り切った稜線から右手前方に双耳峰の谷川岳がよく見えます。ちょうど犬や猫の耳の様に見えます。左からトマノ耳とオキノ耳です。東尾根と西黒尾根の間に作られた険しい谷がマチガ沢です。

稜線の南側をトラバースする様に進んだ先に二番目の鎖場があります。正面の岩場がその鎖場です。少し、平坦地になっている所があるので休憩することも可能です。

稜線から鎖場の様子を撮影。右手側から回り込んで岩場を登ります。写真では垂直の壁の様に見えますが、実際に登ってみると、あまり高度感は強くなく簡単に登ることが出来ます。

右手に回り込んだ所から鎖場が始まります。一枚岩状の滑りやすい岩場ですが、傾斜が強くないので簡単に登ることが出来ます。下山時はスリップしやすいので鎖につかまって降りた方が良いでしょう。

鎖場中央部はまさに滑り台状の一枚岩です。ここはさすがに鎖を頼りに登ります。一枚岩の部分を登り切っても鎖場は続きますが、そこからは極めて簡単です。

鎖場を登り切った所から撮影。中央部の一枚岩状のツルツルした岩場が見えています。

2番目の鎖場を登り切ると一旦平坦な稜線を進み、すぐに3度目の鎖場が出てきます。約3メートルほどの岩場ですが、スタンスは豊富で、3点支持で登れば鎖を使う必要はありません。

鎖場を近くから撮影。登りやすい岩場であることがよく分ります。3番目の鎖場を登り切ると、展望の良い平坦な稜線となります。

3番目の鎖場を上部から振り返って撮影。眼下には湯檜曽川沿いの土合口が見え、西黒尾根のルートが急登であることがうかがえます。

3番目の鎖場を登り上げると平坦な稜線となり、展望が開けます。左手方向には天神平の谷川岳ロープウェイの駅舎がはっきりと見えます。すぐそこ正面の平坦なピークが「ラクダの背」あるいは、「ラクダのコブ」と呼ばれる場所です

ラクダの背から望む谷川岳(中央の尖ったピークがトマノ耳です。)。西黒尾根に付けられた登山道がくっきりと見えます。右側に深く切れ落ちた谷がマチガ沢で、その谷を作る東尾根がオキノ耳に向かって突き上げています。

ラクダの背から西黒尾根の狭い稜線を振り返る。湯檜曽川の対岸には白毛門、笠ヶ岳、朝日岳と続く峰々が聳え立っています。更にその遠景に上州武尊山や至仏山なども見えています。

ラクダの背から鞍部の「ガレ沢のコル」へ向けてゆっくりと降ります。鞍部に巌剛新道が右側から合流してきます。

「ガレ沢のコル」で巌剛新道分岐を振り返って撮影。登山道の真ん中にコンクリート製のケルンが建てられています。ケルンにはマチガ沢へ下る巌剛新道を示す標識が付けられています。

「ガレ沢のコル」からごつごつした岩登りになります。正面小ピークの岩場が鎖場になっています。そして、ここからは遮蔽物が何も無く展望に恵まれたスリリングな登山が楽しめます。

急な岩尾根の登りですが難しくありません。やや浮石があるので転倒やスリップに要注意です。上部に見える岩場が鎖場になっています。

30メートルほどの区間、岩の隙間を登るようになっています。鎖が掛かっていますが、高度感はなく、難しくありません。

鎖場を近くから撮影。狭い岩の間をすり抜けるように登ります。傾斜は緩くスタンスも豊富なので問題無く登っていけます。

鎖場中間地点から下を撮影。ゴツゴツした岩で、手がかりや足がかりが沢山あるのがよく分ります。

中間地点からさらに鎖場が続きますが、斜度は更に緩くなるので簡単に登っていけます。

鎖場上部は鎖に掴まって登る必要は全くないくらいの緩斜面になります。

鎖場を登り切った所から振り返って撮影。下山時は浮石が少しあるのでスリップには注意してください。

鎖場を登り切り、少し上がった所から西黒尾根を撮影。稜線に沿ってくっきりと登山道が見え、湯檜曽川へ向けてストンと落ちているのがよく分ります。

鎖場を登り切ると、広い岩尾根に変わり、小ピークの下を左側から巻いて登って行きます。ここを登れば谷川岳が大きく迫ってきます。

小ピークの直下を南側からトラバース気味に回り込みます。短い岩場を登り上げると稜線に飛び出し、谷川岳の岩肌やマチガ沢へ向かって垂直に落ち込む岩場など、荒々しい姿が現れます。

狭い稜線に飛び出しました。この辺りから望む谷川岳は大変見応えがあり、撮影の絶好ポイントと言えます。オキの耳から連なる東尾根のシンセン岩峰や双耳峰の谷川岳(オキノ耳、トマノ耳)から垂直落ちる岩壁など素晴らしい景観です。

稜線を登ります。一番左のピークの奥辺りが肩の広場になります。6月下旬頃になると至仏山とこの山特産のホソバヒナウスユキソウの花が見られます。

簡単な岩場を通過し、広い尾根の稜線の左側を登って行きます。

西黒尾根の稜線を振り返る。狭い稜線に沿って登ってきたことがよく見えます。稜線の左手側はほぼ垂直に切れ落ちた断崖絶壁ですが、右手側は比較的なだらかなスロープを描いています。登山道は右手側に付いているので滑落の心配はありません。

ザンゲ岩(左上)。登山道の左手にドーム状の大岩がザンゲ岩です。谷川岳の山岳信仰の資料は乏しいものの、かつて登拝する修験者がこの岩の前で俗事をザンゲした事からこう呼ばれるようになったといわれています。

笹原の中を登って行くと長方形の岩を積み上げた様な岩場になります。傾斜は緩いので、問題無く登れます。この岩場を登り上げればザンゲ岩がすぐそこに見えてきます。

ザンゲ岩が近づいて来ました。広い稜線の中をジグザグに登って行きます。

氷河の跡付近には氷河の浸食作用によって削られたとされる6畳ほどの一枚岩があります。滑りやすい一枚岩に黄色に塗られたペンキマークに従って登って行きます。

左上に見えるザンゲ岩をの横をすり抜けるように登ると、大きな鉄製の指導標が立つ肩の広場はあと少しです。

笹原の中の最後の登りです。次第に傾斜が緩んでくると、肩の広場に出ます。

左上の十字架の様に見えるのはケルンの上に作られた鉄製の立派な指導標です。指導標が立つ所が肩の広場で、そこから左手方向に少し進んだ所に肩の小屋が建っています。左の丸いピークがトマノ耳、右ピークがオキノ耳です。

西黒尾根指導標 「初心者下山不向き、中級者以上(健脚者向き)」と書かれています。すぐ上の肩の広場には鉄で出来た立派な指導標が立っているのが見えます。

肩の広場に立つ鉄の指導標。視界が悪いときには大変ありがたい存在です。ここから右手側に進めば、トマノ耳はすぐそこです。指導標のちょうど後ろ辺りに肩の小屋が建っています。奥に見える険しい稜線は川棚ノ頭へ伸びる俎嵒(マナイタグラ)山稜です。

肩の広場から狭い稜線を登れば三角点と方位盤の設置されたトマノ耳です。トマノ耳からオキノ耳へ向かう稜線の様子は天神尾根ルートをご覧ください。

谷川岳の登山情報を共有しましょう

谷川岳・西黒尾根登山ルート地図

谷川岳・西黒尾根登山ルート詳細情報

ルート 谷川岳ロープウェイ(標高750m)⇒ラクダの背(標高1,516m)⇒ザンゲ岩(標高1,750m)⇒トマノ耳(標高1,963m)
コースタイム 登山:谷川岳ロープウェイ⇒トマノ耳 4時間10分
下山:トマノ耳⇒谷川岳ロープウェイ 3時間20分
駐車場 谷川岳ロープウェイ駐車場 500円 ※冬季は無料
核心部 ラクダの背の下部の鎖場
難易度 [登山道(一般道)を10段階で表示 特に鎖場の岩登り] 3.5
飲料水必要量 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:1.88リットル、体重60kgの人:2.44リットル、体重75kgの人:3.00リットル
消費カロリー 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:3.488Kcal、体重60kgの人:4.534Kcal、体重75kgの人:5.580Kcal
燃焼脂肪量 5Kgの荷物を背負う場合のダイエット効果
体重45kgの人:0.498kg、体重60kgの人:0.648kg、体重75kgの人:0.797kg
標高差 距離 3.1km 最大標高差 1114m 平均斜度 全体:35.6% 上り:36.2% 下り:0% 獲得標高 上り:1103m 下り:0m
山小屋 谷川岳肩の小屋 
TEL.090-3347-0802(管理人 森下孝男 TELは:8時〜16時を希望)
営業期間:  4月下旬〜11月上旬
登山口へのアクセス 谷川岳ロープウェイへのアクセスの詳細はこちら

次はどこの山へ行こうかな。行きたい山がすぐに見つかる。

日本アルプス登山ルートガイド さんの Pinterest プロフィールにアクセスしましょう。

facebookもチェック

google+ページもチェック

Translate
百名山ライブカメラ

百名山ライブカメラ

更新情報を配信
広告

谷川岳の天気

日本百名山の天気

谷川岳地図

谷川岳 登山地図

谷川岳は
「16.谷川岳 苗場山・武尊山 」に収録されています。
山岳保険
登山装備