日本アルプス登山ルートガイド-核心部のルート案内
Home北アルプス南アルプス中央アルプス八ヶ岳富士山百名山登山ガイド山小屋アルバイト

日本アルプス登山ルートガイド > 百名山と日本の山々 > 丹沢 > 塔ノ岳丹沢表尾根コース

百名山百名山山小屋アクセス・交通機関高山植物きのこ温泉情報

栗駒山

吾妻山

磐梯山

安達太良山

那須岳

尾瀬

会津駒ヶ岳

燧ヶ岳

至仏山

武尊山

日光白根山

男体山

苗場山

巻機山

谷川岳

白山

妙高山

火打山

雨飾山

高妻山

四阿山

赤城山

浅間山

筑波山

妙義山

荒船山

両神山

雲取山

伊豆ヶ岳

御岳山

大岳山

高尾山

丹沢

箱根山・駒ケ岳

金時山

天城山

乾徳山

金峰山

瑞牆山

甲武信ヶ岳

西沢渓谷

大菩薩嶺



塔ノ岳丹沢表尾根(三ノ塔・行者ヶ岳・新大日)コース

塔ノ岳丹沢表尾根(三ノ塔・行者ヶ岳・新大日)登山ルート概要

登山コース案内

今回は、大倉秦野ビジターセンターから「風のつり橋」を渡って三ノ塔尾根を登り、烏尾山、行者ヶ岳と丹沢表尾根を縦走し、塔ノ岳へ至るルートを紹介します。

大倉からしばらく林道を歩いた後、三ノ塔尾根に取り付きます。 樹林帯の登りが延々と続き約3時間弱でヤビツ峠からのルートを合わせる三ノ塔に到着します。
三ノ塔頂上には避難小屋が立てられ、ベンチやテーブルも設置されているため絶好の休憩スポットになっています。

三ノ塔頂上からは表尾根の稜線が塔の岳まで伸びているのが一望できます。避難小屋の裏を通り、稜線を少し進んだ地蔵様が祀られている所からは急坂となり、ガレ場を一気に下降していきます。

ガレ場には鎖が設置されていますが、高度感は無く傾斜もきつくないので登山初心者でも問題なく通過できるはずです。

正面に見える烏尾山の山頂に建つ烏尾山荘が次第に近づいてくると最低鞍部に下りたちます。 最低鞍部からはなだらかな登りが烏尾山まで続きます。 烏尾山荘が建つ烏尾山の山頂は広くベンチも置かれ展望も良好です。

烏尾山山頂で新茅山荘⇒大倉へ下る道を左に分け、展望の良い塔ノ岳丹沢表尾根の稜線を進み、行者ヶ岳に向かいます。
行者ヶ岳山頂を過ぎ、短い鎖場を通過した後の岩峰が行者ヶ岳西峰です。 行者ヶ岳西峰からの岩場の下りがこのルートの核心部と言ってよいでしょう。

7m、50度ほどの岩場には鎖が設置され、しかもスタンス(足場)はしっかりあり決して難しくありません。 登山初心者の鎖場体験に丁度良いくらいです。
鎖場を下りきった所にあるキレットには5mほどの橋が架けられています。 塔ノ岳丹沢表尾根を縦走する登山者は多く、特にこの場所で渋滞することがしばしばあります。

鎖場から登り返す所には木の階段が続き、南側のザレた斜面とのコントラストが美しく見える所です。
この先は穏やかで展望の効いた稜線上の登山道が続きます。新大日茶屋、木ノ又小屋の前を通り塔ノ岳山頂へと至ります。

※大倉から戸川林道を車で進み、水無川の上流まで行けば丹沢表尾根の核心部を通過し、塔ノ岳を周回する短いコース設定が可能です。新茅山荘前には20台ほど止められる駐車場があります。更に車を進めて戸沢まで車で入れます。戸沢の作治小屋には有料駐車場があり、更にその奥の戸沢山荘から水無川の河原に降りると無料駐車場と丹沢戸沢キャンプ場があります。

※丹沢山塊の中には大山修験、八菅修験、日向修験などの行場がありましたが、丹沢表尾根は日向修験の行者道がありました。その中でも行者ヶ岳は、修験道の開祖される役行者の像があったことからその名前が付けられたと言われ、行者ヶ岳の岩場「新客ノゾキの岩」で捨身行や業秤(ごうびょう)などの行が新客に課されていた様です。


画像一覧

塔ノ岳への主要登山口の大倉の秦野ビジターセンターから出発します。バス停で待つ登山者がいます。駐車場は建物の裏にあります。今回は、三ノ塔尾根を登り丹沢表尾根を縦走して塔ノ岳へ向かいます。

大倉〜小田急線渋沢駅の路線バスは1日30便以上あります。神奈川県立秦野ビジターセンターは企画展示、スライド解説、ミニ観察会、自然教室など丹沢の自然について詳しく解説している施設です。

神奈川県立秦野ビジターセンターから「風のつり橋」を渡って登山スタートです。しばらく舗装された道を歩きます。

山岳スポーツセンターで登山届を出し、萩山林道を少し進んだ所から登山道へ入ります。三ノ塔尾根は樹林帯の単調な登りが続きます。

三ノ塔尾根の針葉樹林帯を抜けた所でヤビス峠方面への分岐を右に見送ると、あと少しで三ノ塔です。ヤビツ峠から三ノ塔までのルートもご覧ください。

三ノ塔頂上の避難小屋。広く平坦な山頂には展望盤やベンチが設置され、休憩の最適地になっています。烏尾山、行者ヶ岳、新大日などの大小のピークを連ねて波打つ丹沢表尾根は、北アルプス常念山脈を彷彿とさせます。

三ノ塔からの下りにあるガレ場の急坂。烏尾山の山頂に建つ烏山山荘が見えています。ここから少し下った所に鎖場があります。富士山、愛鷹山(越前岳)、箱根の金時山などを左手方向に臨みながら下って行きます。

ザレ場が続きます。浮石が多く転倒には要注意箇所です。

露岩帯の鎖場を振り返る。鎖場といっても3点確保で昇り降りする所ではなく、高度感は無く、スリップやつまずきに注意しながら下れば問題ありません。

鎖場を通過し、さらにザレ場が続きます。しばらく下ると、背の低い樹林帯の中に入り、登り返します。

烏尾山の山頂に建つ烏尾山荘が近づいて来ました。 右手前方に丹沢主脈がうねる様に連なり、その一番奥に目指す塔ノ岳が見えています。

烏尾山の山頂に建つ烏尾山荘へ向け緩斜面に刻まれた木製の砂止めの階段を登り返します。

烏尾山山頂手前から新茅山荘へ下る分岐を左に見送ります。新茅山荘には、 駐車場があるので、そこを拠点として塔ノ岳周回コースを組むことも可能です。

烏尾山荘。営業は通年週末のみで、予約制の素泊まりのみで宿泊料3000円です。休憩はお茶代を含んで300円、コーヒー、ポカリスエット、お茶、ペットボトル、缶ビール、カップヌードルなどが販売されています。

烏尾山荘の外の汲み取り式トイレ。1回使用料50円です。

標高1136メートルの烏尾山山頂。烏尾山の山頂は広くベンチや方位盤も置かれ展望も良好です。前方に連なる稜線の手前から行者ヶ岳、新代日、木ノ又大日と続き、最も高い所が塔ノ岳です。

烏尾山から行者ヶ岳への稜線。小さなピークを越えて行きます。行者ヶ岳の山名は、7世紀後半の白鳳期に登場した伝説的修験道の行者である役行者(役小角)像が祀られていたことに由来します。

中低木とスズタケの明るい稜線のなだらかな道が続きます。烏尾山から行者ヶ岳までは25分ほどで着きます。左で前方には富士山を望み、歩くに従って次第にその姿が大きく見えるようになってきます。

この並木道のような中低木帯を抜けると行者ヶ岳です。この少し上の岩場には5月上旬から中旬にかけてイワカガミがピンク色の花を咲かせます。丹沢表尾根は、かつて日向修験の行場となっていた所です。

行者ヶ岳山頂。「永禄13年(西暦1570年)・大泉坊」の銘を持つ役行者像が第2次世界大戦までありましたが、その後盗難により消失したそうです。現在は東光院と秦野市山岳協会により新しい石碑が祀られています。

行者ヶ岳山頂からの下りに短い鎖場があります。ここ丹沢表尾根の行者ヶ岳では、岩場が多く日向修験の行が行われていた「新客ノゾキの岩」があります。

行者ヶ岳山頂の鎖場を振り返る。高度感は無く、登山初心者の練習にちょうど良いくらいです。

すぐ先が行者ヶ岳西峰。西峰の北面に丹沢表尾根のハイライトである鎖場があります。

行者ヶ岳西峰からの鎖場。下りきった所にあるキレットには橋が掛けられています。 この辺りの岩場は「新客ノゾキの岩」と呼ばれたらしく、全国の修験道に影響を与えた大峰山上ヶ岳の「東の覗き」「西の覗き」からの影響と思われます。

キレットに架かる梯子を鎖場上部から撮影。ルートは狭いため、すれ違い困難です。

鎖場を下から撮影。丹沢の中で最も傾斜のある鎖場です。登山・下山のすれ違いが出来ないためキレット部に架かる橋に登山者の列が出来き、渋滞が起こっています。

行者ヶ岳の核心部を過ぎると、左手前方には稜線の南斜面が崩壊した地形が、大変美しい所です。崩壊地のすれすれを木製階段の登山道が付けられています。

木の階段が続き、南側のザレた斜面とのコントラストが美しく見える所です。

階段を登った所から振り返る。長い階段を上ってきました。展望良好で爽快な場所です。

核心部の行者ヶ岳西峰を振り返る。岩がゴツゴツした所を「新客ノゾキの岩」と呼び、かつて日向修験では、衆生の贖罪のため肉体を捨てる「捨身行」や罪業の重さを量り懺悔させる「業秤」などが行われた場所です。

ここからは穏やかな登りです。政次郎尾根を左手に見送ります。政次郎尾根は、夏季になると駐在所が出来る戸沢とを結ぶ尾根で、戸沢山荘近くにはキャンプ地や駐車場もあり、塔ノ岳周回コースの拠点として便利です。

書策新道分岐を左に見送る。書策新道は戸沢とを結ぶ沢筋に付けられたルートで、途中には「白竜の滝」の名所があります。バリエーションルート扱いで昭文社の地図は波線で、2015年現在一般登山者は侵入禁止になっています。

書策小屋前の広場。展望良好でテーブルとベンチが設置されています。書策小屋は、2015年現在営業していません。

新大日ピークの下には、土砂崩れを防止する丸太が階段状に作られています。この先に新大日茶屋があります。新大日の山名は、かつて大日如来像が安置されていたことからこの名が付いたそうです。

書策小屋を振り返る。小さなピークを連ねる表尾根の稜線が美しいい。一番奥の丸いピークが三ノ塔です。

書策小屋を振り返る。小さなピークを連ねる表尾根の稜線が美しいい。一番奥の丸いピークが三ノ塔です。

新大日ピーク。新大日茶屋前の広場。ベンチがあり休憩の最適地です。 通年営業で週末のみ開いてるようです。?0463-88-3171 新大日から長尾尾根へ入るところに、5月中旬か下旬にかけてシロヤシオツツジの群落が見られます。

並木道の様な登山道です。ブナ、イヌブナ、ナナカマドなどが生える林となっています。なだらかな登山道を進むと木ノ又大日です。

木ノ又大日に建つ木ノ又小屋。休憩の最適地になっていて、テーブルやベンチが置かれています。木ノ又大日に、かつて日向修験道の行者が大日如来像(木の又大日)を祀ったことからこの山名が付いた様です。

木ノ又小屋の宿泊料金と軽食メニュー。通年週末のみ営業で、2015年現在素泊まりのみの大人3500円です。連絡先:090-3597-2016 コーヒー、缶ビール、カップヌードル、各種飲料水、レトルト食品などが販売されています。

木ノ又小屋を後にして、稜線上を真直ぐに進むと、 富士山が左前方に見えてきました。中低木の先に塔ノ岳山頂に建つ尊仏山荘が小さく見えています。

すっかり葉が落ちた中低木のトンネル状の登山道の中を進みます。穏やかな道です。

登山道から南側の木ノ又大日沢のザレた斜面を写す。木ノ又大日沢は沢登りのバリエーションルートで、難しい滝が無いので初心者でも可能です。

登山道の幅が一気に狭くなる痩せ尾根の通過。左右の谷の傾斜は緩く、高度感はありません。

展望が開けた稜線の先に塔ノ岳山頂に建つ尊仏山荘がはっきりと見えてきました。

最後の急坂を登ればで塔ノ岳山頂です。山頂部の尊仏山荘が見えています。

塔ノ岳山頂に飛び出します。山頂からは360°の大展望が待っています。広々とした山頂からは蛭ヶ岳続く丹沢主脈の山並み、大菩薩嶺、相模湾に浮かぶ伊豆七島まで視野に入ります。

塔ノ岳山頂からの眺望。富士山の眺めが最高です。石仏と石碑が建立され「祈登山安全 新世紀登頂記念 狗留尊佛如来 丹沢山尊佛別當 」と刻まれています。塔ノ岳へ大倉からのルート、塔ノ岳から丹沢山へのルートも参照してださい。

丹沢の登山情報を共有しましょう

塔ノ岳丹沢表尾根(三ノ塔・行者ヶ岳・新大日)コース地図

塔ノ岳丹沢表尾根(三ノ塔・行者ヶ岳・新大日)コース詳細情報

ルート 大倉(標高290m)⇒三ノ塔(標高1,205m)⇒烏尾山(標高1,136m)⇒行者ヶ岳(標高1,209m)⇒新大日(標高1,340m)⇒塔ノ岳(標高1,491m)
コースタイム 登山:大倉⇒三ノ塔⇒塔ノ岳 5時間30分
下山:塔ノ岳⇒三ノ塔⇒大倉 4時間15分
駐車場 大倉駐車場の詳細はこちら
核心部 行者ヶ岳の鎖場。
難易度 [登山道(一般道)を10段階で表示 特に鎖場の岩登り] 2.5
飲料水必要量 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:2.43リットル、体重60kgの人:3.16リットル、体重75kgの人:3.90リットル
消費カロリー 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:4.533Kcal、体重60kgの人:5.893Kcal、体重75kgの人:7.254Kcal
燃焼脂肪量 5Kgの荷物を背負う場合のダイエット効果
体重45kgの人:0.647kg、体重60kgの人:0.841kg、体重75kgの人:1.036kg
標高差 距離 8.7km 最大標高差 1208m 平均斜度 全体:13.9% 上り:16.4% 下り:43.7% 獲得標高 上り:1337m 下り:153m
山小屋 尊仏山荘 木ノ又小屋 新大日茶屋 烏尾山荘
登山口へのアクセス 大倉登山口へのアクセスの詳細はこちら

次はどこの山へ行こうかな。行きたい山がすぐに見つかる。

日本アルプス登山ルートガイド さんの Pinterest プロフィールにアクセスしましょう。

facebookもチェック

google+ページもチェック

Translate
百名山ライブカメラ

百名山ライブカメラ

更新情報を配信
広告

丹沢の天気

日本百名山の天気

丹沢地図

丹沢 地図

丹沢は
「28.丹沢」に収録されています。
山岳保険
登山装備