日本アルプス登山ルートガイド-核心部のルート案内
Home北アルプス南アルプス中央アルプス八ヶ岳富士山百名山登山ガイド山小屋アルバイト

日本アルプス登山ルートガイド > 南アルプス > 北岳 > 八本歯のコルルート

南アルプス山小屋情報アクセス・交通機関高山植物きのこ温泉情報
ルート
北岳・八本歯ノコル(左俣コース)ルート

北岳・八本歯ノコル(左俣コース)登山ルート概要

登山ツアー情報

北岳登山ツアー

北海道・関東・名古屋・関西発
北岳登山ツアー

登山コース案内

八本歯ノコルに向かうには芦安、北沢峠、奈良田方面からのバスの発着地になっている広河原の野呂川広河原インフォメーションセンター(旧アルペンプラザ広河原)前で下車します。舗装された道を少し歩いて、野呂川に架かる吊り橋を渡ります。対岸に渡ると、広河原山荘があり、その脇から登山道が始まります。
樹林帯の中を20分ほど登り、白根御池小屋方面の指導標を右に見送り、大樺沢(おおかんばざわ)へと入ります。
しばらくは大樺沢の左岸(向かって右側)に沿って登りますが、大樺沢の清流に架かる橋を何度か渡り返えします。大樺沢の雪渓の先に八本歯ノコルを確認できる所まで来ると少しずつ展望が開けてきます。

高山植物の咲く大樺沢の左岸(右側)を少し登ると、白根御池小屋からのルートを合わせる大樺沢二俣に到着します。 大樺沢二俣は休憩ポイントになっていてバイオトイレが設置されています。

大樺沢二俣は登山道が三つに分岐するポイントで、このまま大樺沢の左岸(右側)に沿って直進し、八本歯のコルを目指す左俣コース、お花畑の中を右斜め方向に向かい北岳肩の小屋を目指す右俣コース、そして白根御池小屋からの登山道がここ大樺沢二俣で合流しています。

左俣コースは二俣から雪渓に沿って大樺沢の左岸(右側)を詰め、雪渓上部で右岸(左側)へ渡り、八本歯ノコルから派生する尾根に取り付きます。例年7月末まではアイゼンを持参した方が無難です。夏道が雪で覆われ、雪渓上を歩かなければいけないからです。雪渓の傾斜は強く壺足での歩行は大変危険を伴います。特に、下りに使う場合はなおさらです。年によっては7月中旬でも12本歯のアイゼンとピッケルが必要な場合がありますから、雪渓の状態を北岳山荘に確認してから出発することをお勧めします。

トラバース道に咲くキタダケソウは7月上旬にその姿を消してしまいます。キタダケソウに逢うためには大樺沢を詰めるのが近道ですが、南アルプス林道が開通する6月25日にはまだ多くの残雪があり、雪渓通過に1時間以上必要となります。雪渓上に設置された竹に付けられた赤札が登山ルートの目印になっています。特に雪渓上部では斜度が30度を超える所もあり、先行者がいなければかなり辛い登りになります。

雪渓を越えてからこのルートの核心部に入ります。、北岳バットレスと呼ばれる岩壁を眺めつつ、傾斜約40度〜45度の木製の丸太の梯子が連続する所を越えると八本歯ノコルに飛び出し難所が終わります。
難所といっても難易度は高くなく登山初心者でも十分こなせるルートといってよいと思います。
しかし、八本歯ノコルではまれに滑落事故があります。多くは梯子を滑って数メートル下に落ちるもので大怪我は少ないようですが、雨の日は木製の丸太で出来た梯子が滑りますから注意が必要です。

八本歯ノコルに上がると全体が一望でき、北岳山荘の先に大きく横たわる間ノ岳が見えてきます。八本歯ノコルから吊尾根の岩に架かった梯子を登ります。北岳山荘分岐を左に見送り、ガレ場を登ると、登山道の周辺の風衝地一面を高山植物で覆われます。シロバナタカネビランジやキンロバイなどが咲き乱れる砂礫地をジグザグに登れば吊尾根分岐です。 吊尾根分岐からの斜度はあまりきつくなく、鎖場などの難所も無く、眺望と高山植物を楽しみながらの登りとなり、日本第二位の標高を誇る北岳山頂に到着します。


【6月25日 南アルプス林道が開通する初日の北岳大樺沢雪渓の様子
大樺沢雪渓画像

灌木帯を抜けると、大樺沢雪渓が見えて来ました。右手上方に北岳、雪渓上部の稜線の鞍部が八本歯のコルです。

大樺沢雪渓の取り付き地点

大樺沢雪渓の取り付き地点。二俣より約200メートル下まで雪渓があります。雪渓通過に1時間以上を要します。

大樺沢雪渓中間地点画像

大樺沢雪渓中間地点。左岸に夏道がありますが、概ね雪に覆われています。約25度の斜面です。

大樺沢雪渓最上部

大樺沢雪渓最上部。斜度が30度ほどになります。12本歯のアイゼンは必携です。

大樺沢雪渓終了地点

大樺沢雪渓終了地点。稜線への取り付きまで、岩屑と雪の混じった足場の悪い急坂です。

大樺沢雪渓終了地点から振り返る

大樺沢雪渓終了地点から振り返る。鳳凰三山が真正面に見えます。

風衝地の草本植物群落

風衝地の中でも強風による影響が強い場所では、木の仲間 は育ちません。石や砂が飛ばされるような不安定な場所にはトウヤクリンドウ、キンロバイ、オヤマノエンドウ、ハクサンイチゲといった背の低い高山植物が群落を作ります。八本歯ノコルから池山吊尾根分岐にかけてまさにこういった風衝地です。

大岩壁 北岳バットレス

北岳バットレス

大樺沢から北岳山頂に向け鋭く立ち上がっている岩稜は、北岳バットレスと呼ばれ、7本の岩稜(東北尾根、第1尾根、第2尾根、第3尾根、中央稜、第4尾根、第5尾根)により構成されています。最長の第4尾根が登攀の中心になり、昭和9年10月に湯浅巌らによって初登攀がなされています。八本歯のコルに上がる稜線の途中からクライマーを確認することが出来ます。
双眼鏡があれば更に楽しめると思います。

北岳バットレスの第4尾根の最終ピッチ部で2010年10月10日に大規模な崩落が発生しましたが、bガリー大滝取り付き後、第四尾根登攀が可能です。

画像一覧

広河原 バス/乗り合いタクシー発着所。乗合タクシーは9人集まればすぐにでも出発してくれ便利です。広河原〜芦安駐車場間の料金は1,200円で、バスより100円高いだけです。乗合タクシーの運行時間が設定されていますが、考慮しなくてよいでしょう。

広河原の公共施設の野呂川広河原インフォメーションセンター(旧アルペンプラザ広河原)にはバスの乗車券発売所、トイレ、休憩所、売店などがあります。登山口はこの建物の先です。

北沢峠へ向かう南アルプス林道のゲートをくぐって、左手の野呂川に架かる緑色のつり橋を渡り、対岸から登山道がスタートします。

広河原のゲート付近の車道からは、野呂川の先に聳える北岳と大樺沢の雪渓が見えます。8月7日時点で雪渓はまだだいぶあるようです。野呂側の対岸に渡ると、右手に広河原山荘が建っています。

広河原山荘の裏から登山道がはじまります。山荘横に温水シャワーが完備しているので一般登山者も使用出来ます。また、野呂川沿いにはキャンプ指定地があります。

白根御池分岐。八本歯ノコルを経由して山頂に向かうルートを取ります。雪渓の残る大樺沢へは左方向に向かいます。真っ直ぐ登ると、白根御池小屋に至ります。

白根御池分岐から数分歩くと、大樺沢の流れの左岸(右側)に出ます。針葉樹林帯の中から沢沿いを歩くようになります。

大樺沢の左岸(右側)に沿って進みます。台風などの大水によって押し出された岩石や倒木が沢に目立ちます。

ここから、大樺沢の流れを何度か渡り返します。遠景に見える稜線の一番低い部分が八本歯ノコルです。

大樺沢の右岸(左側)を登ります。

大樺沢の右岸沿いは背の高い亜高山植物が豊富です。

水量豊富な大樺沢の流れを写す。大量の雪解け水が流れています。

小川に架かる木の橋を渡ります。

更に、小川を渡ります。

背の低い樹林帯の中を登ります。

再び、大樺沢の左岸に渡ります。ここからは大樺沢の左岸を詰め、夏場だけに設置された簡易公衆トイレのある二俣を経由して雪渓の上部まで登ります。

広葉樹林帯の中の登りがしばらく続きます。

広葉樹林帯を抜けると大きく展望が開け、大樺沢の雪渓と、その先に八本歯のコルが見えてきます。ここからは大樺沢の雪渓に沿って直線的に登って行きます。

大樺沢の左岸を詰めます。左の大きな岩から少し登った辺りが二俣です。この辺りは高山植物が豊富な所で、南アルプスではミヤマハナシノブはこの場所でしか見る事が出来ません。

大樺沢を見下ろす。写真には写っていませんが、遠景に鳳凰三山が見えています。

ここは二俣です。平坦な場所はあまり多くありませんが、休むのにちょうどいい岩がいくつか転がっています。左俣コース、右俣コース、白根御池小屋の三方向に向かう分岐点です。

休憩ポイントになっている二俣にはチップ制バイオトイレが設置されています。

二俣を上から撮影。夏場だけ公衆トイレが二つ設置されています。

二俣から、ここを登れば右俣コース(北岳肩の小屋方面へ向かうルート)に入ります。右俣コースには高茎高山植物(イブキトラノオ、ミソガワソウ、シモツケソウ、ミヤマシシウド)が群生するお花畑が広がっています。

二俣から野呂川に落ち込むように見える大樺沢を見下ろす。右下の大きな岩が目印となりますが、いずれ流されてしまうでしょう。

八本歯のコルの取り付きへは、大樺沢の雪渓に沿って左岸を登ります 。雪渓の最上部で左手側(右岸)へ渡ります。正面上の稜線のV字形になっている鞍部が八本歯のコルです。

二俣から左岸を詰めると、大樺沢の雪渓が近づいて来ました。残雪の多い年には8月上旬までアイゼンを持参することをお勧めします。7月上旬ではこの辺りは雪渓に覆われる為、夏道は出ていません。

8月7日時点の雪渓 右側の登山道を登る為、今年はアイゼンは必要ありません。年によっては8月上旬まで夏道を雪渓が覆っている為、アイゼンが必要な事があります。

高山植物のお花畑が広がる大樺沢の左岸を登ります。右手上にロッククライミングのゲレンデとなる北岳バットレスが見えてきました。

さらに登り、上部で雪渓を左に渡ります。例年7月末まで、登山道は雪渓で覆われます。斜度はあまり無いように見えますが、雪渓を壺足で歩くには困難です。アイゼン無しで登っている登山者が雪渓上を10mほど滑落しているのを目撃しました。

大樺沢を見下ろす。遠景に鳳凰三山が聳えています。地蔵岳山頂に20mほどの突起(オベリクス)が確認出来ます。左手方向に早川尾根が伸びているのが見えます。

右上がクライミングのゲレンデとなっている北岳バットレスです。北岳バットレスは石灰岩で出来た大壁で、2010年10月10日に大規模な崩落が発生しましたが、bガリー大滝取り付き後、第四尾根登攀が可能です。

次第に北岳バットレスが大きくなってきました。北岳バットレスから流れ落ちる清冽な水が流れる小さな沢を越えて行きます。

上部で雪渓を右岸(左側)に渡り、八本歯のコルの取り付きに向かって登っていく登山者達の列が見えます。

北岳バットレスから水が流れ落ちる風景は大変美しいです。

広河原の登山口に「今年の積雪量は多いので八本歯のコルルートは冬装備が必要です。」の立て看板がありましたが、アイゼンは不要でした。雪の上を歩いたのはこの場所だけでした。

雪渓のトラバースを終了した所から振り返る。早川尾根の遠景に見えるのは八ケ岳です。

北岳バットレスを正面から写す。約600メートルの高さで北岳山頂まで伸びています。初心者向きと言われる第4尾根でも確実なロープワークが必要な大壁璧です。

北岳バットレスを望遠で撮影。7本の岩稜(東北尾根、第1尾根、第2尾根、第3尾根、中央稜、第4尾根、第5尾根)により構成されています。中央の第4尾根主稜の先端部分がピラミットフェイスの頭です。

八本歯のコルの取り付きの八本歯沢の源頭は湿った石屑が多いのでスリップ注意です。。右手方向からダケカンバの林に入り、梯子が連続した急登りが八本歯のコルまで続きます。ここから八本歯ノコルまで約40分です。

八本歯のコルから派生する尾根に取り付きます。木製の丸太の約5mの梯子。斜度40度ほどです。ダケカンバの林の中で特に高度感は無く、登山初心者でも問題なく登れるはずです。ここから丸太梯子が長短合わせて約20本も登場します。

ダケカンバの林の中に架けられた梯子を登ります。斜度はさほどなく、一つ一つの梯子の長さも短い為、高度感はありません。しかし、丸太の梯子なので雨の日には滑りやすく滑落する事故がまれに起こります。

ダケカンバが雪の重みで倒れかかっています。草付きの樹林帯の中で高度感はありません。

梯子を登った所から下を見下ろす。まったく高度感はありません。

ダケカンバの木が倒れたその下をくぐるように登って行きます。

梯子の傾斜は40〜45度、長さは5mほどです。高度感は無い為、登山初心者でも問題なく登れるでしょう。

丸太梯子はさらに続きます。

北岳バットレスを望遠で撮影。第4尾根主稜を数名のクライマーが登攀しているのが見えました。

さらに続く梯子。傾斜は緩く問題なく登れます。

梯子上部から下を見下ろすと、こんな感じです。

夏のハイシーズーン中は、梯子場で登山者・下山者が集中するため渋滞が起こります。この辺りからハイマツが混じるようになり、背の低い灌木帯となり、振り返ると展望が効き出します。

前の写真の梯子を登った所から下を見下ろす。大樺沢がS字を描いて野呂川へ落ち込んでいるのが見えます。

左手の岩は右から巻き、その上にある梯子を登ると、八本歯のコルの飛び出します。

八本歯のコルから池山吊尾根のボーコン沢ノ頭に向かうルートを写す。急な梯子が見えます。

大樺沢を見下ろす。狭い稜線を登ってきました。

シロバナタカネビランジ。タカネビランジの中でも白いタイプはあまりお目にかかることはありません。

稜線上にある八本歯ノコルに到着です。八本歯ノコルはあまり広くなく休憩出来る狭いスペースがあるのみです。ここから右手方向に進みます。左手側には間の岳から南に連なる農鳥岳・塩見岳などが眺望できます。

八本歯ノコルから撮影。鞍部にある北岳山荘から左に連なる間の岳が綺麗に見えています。コルの南側斜面にはお花畑が広がっています。

八本歯ノコルに咲くチシマギキョウ、遠望には鞍部に建つ北岳山荘と左上は間の岳です。

このルート最後の梯子です。長さ斜度ともに一番きつく、約10m、50度ほどですが、さほどの高度感はありません。

最後の梯子を近くから撮影。梯子は二段に分れていて、下って来る登山者がいないかどうか確認して取り付きます。ここを登れば核心部終了です。

最後の長い梯子を登った所に立つと、目の前に岩の広場が広がります。八本歯ノコルで森林限界を越え、北岳頂上まで傾斜の緩い岩場の登りです。上部の稜線上のV字の所が吊尾根分岐です。

この辺りは高山植物のシロバナタカネビランジの群生地です。ここから大小様々な岩の上を歩かなければなりませんが、傾斜はあまりきつくありません。岩の上は滑りやすいので注意して登って行きます。

砂礫地を通過すると大岩が累々と重なり合うように転がる岩場になっていきます。シロバナタカネビランジを周辺でよく目にします。

ゴロゴロした大きい岩が堆積した斜面を登ります。ここから北岳山頂までは約1時間のコースタイムです。午後になると雲が上がってきやすく、天候に恵まれない場合には北岳山荘で一泊して次の朝の晴天に期待をかけたいものです。

大岩をペンキマークに従って登ります。

上に見える梯子を登った所が北岳山荘方面へ向かうトラバース道分岐です。

登って来た所を振り返る。正面ピークの八本歯ノ頭の先に池山吊尾根が伸びています。左上の山頂部が平坦な場所がボーコン沢ノ頭。冬季は夜叉人峠から先は車が入れませんので、池山吊尾根を登るルートが一般的です。

北岳山荘へのトラバース道分岐。トラバース道は高山植物が大変豊富なルートです。北岳の特産種であるキタダケソウはこの辺りからトラバース道にかけて分布しています。

北岳山荘へのトラバース道。小さく北岳山荘の赤い屋根が見えます。詳細は北岳山荘からトラバース道をご覧ください。

ザレた登山道をジグザグに左上方の吊尾根分岐へ向けて登ります。7月から8月上旬にかけてこの辺り一帯は高山植物が可憐な花を咲かせます。

吊尾根分岐までジグザグのガレた道です。

キンロバイの群生と右の紫の花はチシマギキョウ。この辺りはタカネイブキボウフウ、シコタンソウ、タカネシオガマ、イブキジャコウソウ、タカネコウリンカなどの高山植物のお花畑が広範囲に分布しています。

正面に見える「間の岳」の鞍部に赤い屋根が特徴的な北岳山荘が見えています。写真には写っていませんが、北沢を挟んで間ノ岳の隣に農鳥岳が山稜が横たわっています。

岩ザクの急斜面を九十九折に登って行きます。登山者がいる所が吊尾根分岐です。

登ってきたところを振り返る。八本歯の頭から池山吊尾根が左奥に続いています。標柱が立っている所から右手方向に進むと北岳山荘へ向かうトラバース道です。

吊尾根分岐。辺りにはお花畑が広がっています。タカネイブキボウフウ、ハクサンイチゲが、美しい花を咲かせています。

北岳の登山情報を共有しましょう

すべての動画をyoutubeで見る



北岳八本歯ノコル(左俣コース)ルート地図


北岳八本歯ノコル(左俣コース)ルート詳細情報

ルート 広河原(標高1,529m)⇒大樺沢⇒二俣(標高2,209m)⇒八本歯ノコル(標高2,870m)⇒北岳(標高3,193m)
コース時間 登山:広河原⇒北岳 5時間30分
下山:北岳⇒広河原 3時間40分
駐車場 ・夜叉神峠無料駐車場 約90台 
・芦安市営駐無料車場 約600台
・奈良田無料車場 約200台
危険個所 雨の日などは八本歯ノコル直下の梯子が滑るので注意してください。積雪の多い年は大樺沢 (おおかんばざわ) の雪渓の通過にアイゼンが必要になる場合があります。
難易度 [登山道(一般道)を10段階で表示 特に鎖場の岩登り] 3
飲料水必要量 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:2.30リットル、体重60kgの人:2.99リットル、体重75kgの人:3.69リットル
消費カロリー 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:4.291Kcal、体重60kgの人:5.579Kcal、体重75kgの人:6.867Kcal
燃焼脂肪量 5Kgの荷物を背負う場合のダイエット効果
体重45kgの人:0.613kg、体重60kgの人:0.797kg、体重75kgの人:0.981kg
標高差 距離 4.7km 最大標高差 1634m 平均斜度 全体:34.4% 上り:35.1% 下り:2% 獲得標高 上り:1597m 下り:2m
山小屋 広河原山荘 北岳肩の小屋 北岳山荘 白根御池小屋
登山口へのアクセス 広河原・奈良田へのアクセスはこちら

北岳八本歯ノコル(左俣コース)ルートの「高山植物」

サンリンソウ
サンリンソウ
マルバダケブキ
マルバダケブキ
ハクサンフウロ
ハクサンフウロ
ミヤマガラシ
ミヤマガラシ
ミヤマミミナグサ
ミヤマミミナグサ
キバナノコマノツメ
キバナノコマノツメ
イワツメグサ
イワツメグサ
コケモモ
コケモモ
タカネツメクサ
タカネツメクサ
チシマギキョウ
チシマギキョウ
ハハコヨモギ
ハハコヨモギ
ミヤマウイキョウ
ミヤマウイキョウ
ウラジロキンバイ
ウラジロキンバイ
ハクサンイチゲ
ハクサンイチゲ
ツガザクラ
ツガザクラ

キツリフネ

イワオウギ

ミヤマオダマキ

ミヤマクワガタ

タカネグンナイフウロ

ミヤマハナシノブ

ミヤママンネングサ

オンタデ


イワベンケイ

カラマツソウ

ミヤマキンポウゲ

シナノキンバイ

ミネウスユキソウ

シロバナタカネビランジ

キンロバイ

タカネコウリンカ

イブキジャコウソウ

シコタンソウ

タカネイブキボウフウ

タカネシオガマ

次はどこの山へ行こうかな。行きたい山がすぐに見つかる。

日本アルプス登山ルートガイド さんの Pinterest プロフィールにアクセスしましょう。

facebookもチェック

google+ページもチェック

Translate
南ア・ライブカメラ

南アルプスライブカメラ

北岳の天気

南ア・観光スポット
更新情報を配信
北岳 地図

北岳 地図

北岳は
「41.北岳・甲斐駒 南アルプス」に収録されています。
山岳保険
登山装備

広告