日本アルプス登山ルートガイド-核心部のルート案内
Home北アルプス南アルプス中央アルプス八ヶ岳富士山百名山山小屋アルバイト

日本アルプス登山ルートガイド > 八ヶ岳 > 硫黄岳 > 桜平 (オーレン小屋)ルート

八ヶ岳山小屋情報アクセス・交通機関高山植物きのこ温泉情報
ルート
硫黄岳(桜平)

硫黄岳( 桜平⇒夏沢鉱泉⇒オーレン小屋⇒山彦荘⇒硫黄岳)ルート概要

桜平へ入るには悪路を30分ほど、車を走らせます。 公共交通機関が無い為、マイカーのみのアクセスになります。 桜平の駐車場は約60台程ですが、更にゲート周辺の林道沿いに20台ほど駐車できます。

一般車は桜平のゲートから先には入れません。 林道を歩き、ゲートから150mほどの所には簡易公衆トイレが置かれています。 林道を30分ほど歩くと通年営業の夏沢鉱泉へ到着します。 夏沢鉱泉では常時入浴可能で、タオル、お茶が付いて650円です。

夏沢鉱泉を過ぎ、樹林帯をしばらく登ると斜面が崩落した場所を通過しますが、通行注意です。 オーレン小屋までは樹林帯の中の単調な登りで、オーレン小屋直前で展望が開け硫黄岳が見えてきます。

オーレン小屋裏手の分岐で夏沢峠に向かい、20分ほどで夏沢峠です。 夏沢峠には山彦荘と限定的な営業をしているヒュッテ夏沢が向かい合うように立っています。

山彦荘とヒュッテ夏沢の間を進み、本沢温泉への分岐を左に見送り樹林帯へ入ります。 樹林帯に入ると一気に傾斜を増し、高度を上げていきます。

樹林帯を抜けると展望が開け、硫黄岳山頂が見えてきます。 硫黄岳山頂まで、いくつものケルンに導かれるよう登山道が伸びています。 左側が切れ落ちた爆裂火口の大パノラマを見ながらゆっくり上ると硫黄岳山頂です。
硫黄岳山頂は広く平坦になっているため、濃霧時の道間違いには注意が必要です。

硫黄岳山頂から赤岩ノ頭へ向け下ります。 赤岩ノ頭から右方向のハイマツ帯へ降りていきます。 ダケカンバの林を抜け、 峰の松目分岐まで来るとオーレン小屋はあと少しです。


画像一覧

桜平のゲート周辺の林道沿いに計30台駐車可能。 ゲートから150メートル上がったところに約60台収容可能な駐車場があります。

桜平のアクセスのページも参照してください。桜平ゲートの標高は1900mと高く、硫黄岳の標高2760mとの標高差は860mと日帰りが簡単にできる行程行程で、八ケ岳入門コースといえます。

桜平ゲートから150mほど林道を進み、シラナギ沢を渡った橋のたもとに簡易公衆トイレがあります。

夏沢の左岸に沿って林道が伸び夏沢鉱泉まで続きます。林道へは桜平ゲートから一般車の進入はできませんが、夏沢鉱泉の車は入っていて大変歩きやすい林道です。

通年営業の夏沢鉱泉。硫黄成分の入った鉱泉です。宿泊者に限りJR茅野駅〜桜平間を無料送迎してくれます。冬季の送迎は雪上車が使われるので、これに乗るのも面白いと思います。

夏沢鉱泉を過ぎると登山道になり、間もなくすると左手側に崩落地があり、通行注意区間です。

夏沢鉱泉は夏沢の水を使い、水力発電が行われています。山小屋の水力発電用のパイプ。

夏沢鉱泉から夏沢に沿ってゆっくりと上り、40分ほどするとオーレン小屋に到着です。

オーレン小屋から望む硫黄岳。オーレン小屋の名前の由来は、キンポウゲ科の(セリバオウレン・ミツバオウレン)からとっています。ともに小さい白い花を咲かせます。

オーレン小屋裏の分岐。ここでは、峰ノ松目、夏沢峠、箕冠山の三方向へ分岐します。今回は、夏沢峠経由で硫黄岳に登ります。

あたりはコケやシダが林床を覆うオオシラビソの針葉樹林帯の緩やかの登りが、山彦荘やヒュッテ夏沢などの山小屋が建つ夏沢峠へ続きます。

(標高 2,440m)夏沢峠に建つ山彦荘とヒュッテ夏沢。後ろには爆裂火口が迫力ある景観を作り出している硫黄岳。ヒュッテ夏沢の営業期間は短くて、一般登山者は、土日のみ宿泊可能です。それ以外は学校登山の団体で貸し切りになります。

山彦荘とヒュッテ夏沢の間を進みます。八ケ岳の中でも珍しい源泉かけ流しの硫黄の露天風呂が楽しめる本沢温泉への分岐を左に見送り樹林帯へ入ります。

針葉樹林帯からダケカンバの林に樹相が変わる辺りから傾斜がきつくなってきます。

ダケカンバの林を抜けると森林限界を超え、一気に展望が開けてきます。ハイマツに覆われた山腹に刻まれた登山道は、丸太などで補強され歩きやすく整備されています。

山彦荘とヒュッテ夏沢を振り返る。樹林に覆われた箕冠山の先に天狗岳の山頂がわずかに頭を覗かせています。天狗岳から稜線を右手に辿ると稲子岳からニュウ辺りの懸崖が見えています。

黒い岩塊の基部を巻くように付けられた登山道は数多くの石が整然と並べられ良く整備されています。

岩礫で埋まる登山道を登ると硫黄岳山頂が見えてきます。

登山道が赤土の岩礫に変わる辺りまで登ると、硫黄岳山頂が見えてきました。ややガスが入って全容が掴めません。

ガスが抜けると丸い硫黄岳の山頂が姿を現し、山頂に続く登山道には七つのケルンが進路を導いています。

硫黄岳山頂近くになると東西の山容が非対象であることがくっきりとわかり、左側(東側)は爆裂口があり切れ落ちています。一方、西側はハイマツに覆われたなだから山腹を形成しています。

爆裂火口を覗き込む。硫黄岳の北面に馬蹄形に落ち込む爆裂火口は本沢温泉の野天風呂近くまで続き、その標高差は約600メートルほどあり、迫力満点です。

振り返る。非対称な稜線の遠くに天狗岳(右 東天狗、左 西天狗)が見えています。天狗岳とその奥の稲子岳間では、西暦887年8月に起こった大地震により大規模な山体崩壊が起こり、大月川を岩屑流が下った記録があります。

ケルンを越えて硫黄岳山頂に到着です。今回は、赤岩の頭からオーレン小屋に戻るルートを取りますが、7月から8月上旬の花の時期に訪れた場合には、横岳方面に進み、大ダルミから台座ノ頭にかけての砂礫地へ足を伸ばすことをお薦めします。そこには高山植物の女王といわれるコマクサが大群落を作っています。

硫黄岳山頂。平坦で広い山頂は濃霧時の道間違いに注意が必要です。遠景に南八ケ岳の主稜線が広がっています。左側から横岳、赤岳、阿弥陀岳です。横岳に向けて少し下った稜線の東斜面は天然記念物に指定されたキバナシャクナゲが淡い黄色の花を咲かせる場所です。

山頂下で大岩をトラバースして眼下にオレンジ色に見える砂地の赤岩ノ頭へ向け下ります。

赤岩ノ頭の道標の立つ場所から右方向のハイマツ帯の中を降りていきます。左方向に下れば赤岳鉱泉に至ります。

赤岩ノ頭から北西方向に90度進路変え、ハイマツ帯を下ります。

ハイマツ帯を抜け、ダケカンバの林を下ります。ダケカンバの林を抜けると、針葉樹林帯へ樹相が変わります。

八ケ岳ではよくニホンカモシカを見かけます。名前に「シカ」と付いていますが、シカ科ではなくウシ科に分類され、その角は枝分かれはせず、生え変わることもありません。

針葉樹林帯を下り、峰の松目分岐まで来るとオーレン小屋はあと少しです。

キャンプ指定地の中を通り、小さな流れに架かる橋を渡ればオーレン小屋に戻ります。

硫黄岳の登山情報を共有しましょう

硫黄岳( 桜平⇒夏沢鉱泉⇒オーレン小屋⇒山彦荘⇒硫黄岳)ルート地図

硫黄岳( 桜平⇒夏沢鉱泉⇒オーレン小屋⇒山彦荘⇒硫黄岳)ルート詳細情報

ルート 桜平(標高1,900m)⇒夏沢鉱泉(標高2,060m)⇒オーレン小屋(標高2,330m)⇒夏沢峠(標高2,400m)⇒硫黄岳(標高2,760m)
コースタイム 登山:桜平⇒硫黄岳 2時間30分
下山:硫黄岳⇒桜平 1時間50分
駐車場 ■桜平 無料駐車場 80台
※唐沢鉱泉入り口で二手に分かれ右が桜平、左が唐沢鉱泉です。桜平までの車道は狭くデコボコです。
核心部 特に難しい所はありません。
難易度 [登山道(一般道)を10段階で表示 特に鎖場の岩登り] 1
飲料水必要量 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:1.08リットル、体重60kgの人:1.40リットル、体重75kgの人:1.74リットル
消費カロリー 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:2.022Kcal、体重60kgの人:2.629Kcal、体重75kgの人:3.235Kcal
燃焼脂肪量 5Kgの荷物を背負う場合のダイエット効果
体重45kgの人:0.288kg、体重60kgの人:0.375kg、体重75kgの人:0.462kg
標高差距離 6.1km 最大標高差 873m 平均斜度 全体:7.1% 上り:20% 下り:26.5% 獲得標高 上り:860m 下り:424m
山小屋 オーレン小屋 夏沢鉱泉 ヒュッテ夏沢 山びこ荘
登山口へのアクセス
>>関東(東京・新宿)から桜平への詳細情報

>>関西地方・名古屋から桜平への詳細情報

次はどこの山へ行こうかな。行きたい山がすぐに見つかる。

日本アルプス登山ルートガイド さんの Pinterest プロフィールにアクセスしましょう。

facebookもチェック

google+ページもチェック

Translate
硫黄岳の天気

八ヶ岳の観光スポット

八ヶ岳のおすすめ人気観光スポット

八ヶ岳のライブカメラ

八ヶ岳ライブカメラ

更新情報を配信
硫黄岳 地図

八ヶ岳 地図

硫黄岳は
「32.八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・霧ヶ峰」に収録されています。
山岳保険
登山装備
広告